あなたのひざ・ひじ大丈夫? 春までにやっておきたい週1&月2ケア

#美容・健康 
週に1回は古くなった角質をオフ


寒い寒いといっていても、あとひと月もすれば春ものファッションの花盛り。あなたのそのひざ・ひじ・かかと…見せてもOK? 自信がなくても大丈夫! 春までにやっておきたいボディケアを美容家の深澤亜季さんに教えてもらいました。

 

週1ケア ひじ・ひざ・かかとをスクラブ


ボディは週に1回程度スクラブをして、乾燥の原因になる古い角質をしっかりケアします。スクラブケアは、湯船で体を温めたあと、水けを軽く拭き取ってからやさしく行なうと効果が上がります! スクラブは、粒子が粗すぎず、肌あたりがやさしいものを。また、あまりオイルがたくさん入っていないもののほうがしっかり角質ケアできるのでおすすめです。

 

【写真を見る】肌にかかる負担が少ない自然志向のスクラブ


Oh! Baby ボディ スムーザーN 570g 2,000円/ハウスオブローゼ

体温で溶ける大小の粒が入ったスクラブ。肌に負担が少ない自然志向の商品で、温泉成分が肌をつるつるにします。

 

月2ケア 効果抜群! ラップパック


ひじはのばした状態で巻くと、ピッチリ巻ける


ひざものばした状態で、すき間なく巻いて


かかとはラップを下からつけて、そのあと両側から巻きつけると◎


ひじ・ひざ・かかとは、入浴後しっかり潤い補給できるバームタイプの保湿剤をたっぷりなじませたあと、ラップを巻いて密閉。時間に余裕があるときは、その上からホットタオルを重ねるとさらに効果的です。

ラップがうまく巻けない!という人は、ひじやひざはのばした状態で巻くとすき間なくピッチリと巻けます。かかとにはラップを下からピタッとつけて両側から巻きつけると外れにくいです。このまま寝てもOK。翌朝の肌は驚くほどしっとりぷるぷるに!

今から早速始めれば、春ものファッションも堂々ときれいに着こなせますよ!

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:美容家 深澤亜希さん
1977年生まれ。豊富な商品知識とさまざまなスキンケア法の実践経験から、女性たちの心に響くきれいを目指すメッセージを発信中。著書に『白ツヤたまご肌のつくりかたシミのできない魔法の美白ルール40』(三空出版)ほか多数。

撮影=佐藤暢隆 ヘア&メイク=新見千晶(イプシロン) イラスト=藤井晶子 編集協力=柿沼曜子、内田理惠(smile editors) 

【関連サイト】
ハウスオブローゼ

   ▼今年もイベントを開催します! 詳細・ご応募はこちらから


おすすめ読みもの(PR)