ハマる人が続出! あらゆるものの汚れを落とす“オキシ漬け”が気持ちよすぎ 画像(1/2) 漬けておくだけでカビやヌメリまでピカピカに!?

何かと手がかかって面倒な掃除。目が見えるところはきれいにしていても、目につきづらいヌメリやカビは後回しにしてしまいがちですよね。今回は、細かい汚れまで一気に落とせる“オキシ漬け”についてご紹介。簡単にできるので、ぜひ参考にしてください。

“オキシ漬け”で簡単に汚れが落ちる!?

以前放送された「得する人損する人」(日本テレビ系)には、カリスマ主婦・おさよさんが登場し、面倒でほったらかしがちな“諦め家事”を解消する方法を教えてくれました。

まず取り上げたのはバス用品の掃除方法。シャンプーボトルやトレイなどを1個1個スポンジで洗うのは気が遠くなりますが、まとめて洗える“オキシ漬け”なら簡単に掃除することができます。

オキシ漬けとは“酸素系漂白剤”と呼ばれるしみ抜き用の粉末洗剤を使ってつけおき洗いすることで、コストコや通販で販売されている『オキシクリーン』などが代表的。酸素の力を使って汚れを分解するため、素材にも身体にもやさしいのに汚れ落ちがいいという特徴があります。

オキシ漬けのやり方はとっても簡単。まず、バスタブの残り湯100Lに対し酸素系漂白剤を500~700g投入し、石鹸ラックや桶などカビやヌメリで汚れたものを入れていきましょう。

酸素系漂白剤は40~60度を保つと効果がよりアップするので、余ったプチプチなどを落し蓋のように使って保温するのがおススメ。バス用品だけでなく、風呂釜全体や給湯口の汚れまで落としてくれます。後は2~3時間つけ、バス用品を水洗いすればOK。風呂釜はお湯はりをして、配管内を洗い流してから使用してください。

ネット上では「さっそくやってみる!」「汚れが気持ちよく落ちそう」など興味を示す声が続出。少しの作業で丸々汚れが落ちるので、ぜひ試してみてくださいね。

タオルや食器もオキシ漬けできる!?

ハマる人が続出! あらゆるものの汚れを落とす“オキシ漬け”が気持ちよすぎ 画像(3/2) 【写真】汚れたものなら何でも活用可能なオキシ漬け

実はこのオキシ漬け、バス用品だけでなくぬいぐるみや鍋、上靴など汚れたものなら何でも活用可能。SNSなどでは「コップの茶渋が取れた」「タオルや布きんもきれいになるし除菌できる」などさまざまな使用例が上がっています。

また、オキシ漬けはインスタグラムでも大人気。「#オキシ漬け」とタグづけされた写真や動画は2万9,000件以上アップされており、その人気ぶりがうかがえます。オキシ漬けのやり方やちょっとした工夫など、ためになる画像がたくさん投稿されているので気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

普段は手をつけるのが面倒な“諦め家事”。オキシ漬けで丸洗いすれば、汚れだけでなく気持ちまでスッキリするかもしれませんね。