原因は“足の常在菌”だった!? “蚊に刺されやすい人の特徴”が話題 画像(1/2) 蚊に刺されやすい人の特徴と対処法

これからの季節は、バーベキューや海水浴など屋外レジャーに行く機会も増加。屋外で薄着していると、“蚊”が気になってしまいますよね。体中刺されてイライラしないためにも、一体どうすれば蚊を寄せつけなくなるのでしょうか。

蚊に刺されやすい原因は“足”にあった!?

6月14日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系)では、“蚊に刺されやすい人の特徴”について特集。驚きの事実に、ネット上では「知らなかった!」「こんなことが原因だったの!?」と大きな話題になっています。

番組で取り上げたのは、当時高校2年生だった田上大喜さんの“蚊”に関する研究。「蚊に刺されやすい妹を助けたい」という思いからさまざまな実験を始めた田上さんは、蚊が靴下に反応して吸血行動を起こすことを発見。その結果、蚊に刺されやすい人は蚊に刺されにくい人より“足の常在菌”の種類が多いことが判明しました。

実際にアルコールを湿らせたティッシュで足の裏を消毒したところ、刺された数が3分の1に減少したという実験結果も。SNSなどでは「これから毎日足の裏消毒するわ…」「子どもがすごい刺されやすいからさっそくやってみる」など興味を示す声が続出しています。

また番組では、“蚊を捕まえやすい叩き方”も紹介。蚊は上下運動を繰り返して移動しているので、上下から叩き込むように叩くと蚊が逃げ道を失い、捕まえやすくなります。左右から叩くと逃げられやすくなってしまうので、ぜひ覚えておいてくださいね。

蚊に刺されたら最後まで血を吸わせた方がいい!?

原因は“足の常在菌”だった!? “蚊に刺されやすい人の特徴”が話題 画像(3/2) 【写真】蚊に血を吸われているときに叩くのはNG!?

蚊に刺される前に予防するのが一番ですが、いくら気をつけていても多少は刺されてしまうもの。では、実際に刺されたときはどのように対処すればよいのでしょうか。

以前放送された「この差って何ですか?」(TBS系)では、“蚊に血を吸われたときの対処法”を取り上げました。蚊に血を吸われているときに、すぐ蚊を叩いてしまうのはNG行為。血を吸っている最中に叩くと蚊の唾液が体内に残り、刺された部分がかゆくなってしまいます。最後まで血を吸わせておけば、蚊が血と一緒に唾液も吸収。かゆみの原因となる唾液が体内に残らないので、かゆみが軽減されますよ。

ネット上では「今後は蚊が満足するまで吸わせてあげるね…」「叩きたい気持ちをグッと抑える!」との声が。「吸わせてみたけど、確かにいつもよりかゆくない気がする!」と効果を実感する声も見られるので、蚊に刺されたときは参考にしてみては?