快適に暮らしていくためには、料理・掃除・洗濯・片付けなどの家事は必須。 むしろ、逃れられない作業です。でも「やらないですんだら、うれしい」という人もいると思います。そんな、「好きではないけれど、やらなくてはいけない家事」を、どうすれば効率よく、短い時間で、終わらせることができるのか。

『明日の私を助ける 家事貯金 「忙しい」をなくす少しの工夫』の著者である leaf 河内智美さんは、そのことを徹底的に追求して、浮いた「家事時間」を、自分が家でのんびり過ごすための「家時間」に変えています。家でのんびり休む時間を作る48のアイデアの中から一部を抜粋して、全20回までお届け。今回は第16回目です。

キッチンで動く手間を省くにはゴミ箱の位置がキー 忙しいをなくす家事貯金術(16)【連載】 画像(1/3) ゴミ箱は、キャスター付きが 使い勝手がいい

ゴミ箱はシンク下に設置して動く手間を省く

買ってきた食材を包装してあるプラゴミや調理中に出た生ゴミは、可能な限り動くことなく、液だれの心配もせずにさっとゴミ箱に捨てたいものです。なおかつ、邪魔にならず、目立たない場所に置きたいが、ゴミ箱。以前のキッチンでは悩みの種でしたが、今はシンク下にキャスター&ふた付きのゴミ箱を2つ入れることで解決。グリルやオーブンの掃除をするときなども、キャスター付きだとラクに移動できるのでおすすめです。

材料を切るなど下ごしらえ中は調理台の前で、火を使っている間はコンロの前で、一歩も動かずに済むよう、どこに何を入れるか徹底的に考えて作ったコックピットキッチンです。

キッチンで動く手間を省くにはゴミ箱の位置がキー 忙しいをなくす家事貯金術(16)【連載】 画像(3/3) 【写真を見る】使い勝手を徹底的に考えた河内さんちのコックピットキッチン

著=leaf 河内智美