意外と知らない! 太陽や地球の生まれ方 眠れないほど面白い地球の雑学(1)【連載】 画像(1/2) 地球の雑学 その1

地球はどうやって生まれたのか。気になりませんか? 人間の身体の知られざる秘密など、思わずだれかに話したくなる理系のウンチクで、あなたの雑談を‟スケールアップ"!

『人類なら知っておきたい 地球の雑学』から、第1回目をお送りします。


◇◇◇


46億年前、太陽や地球はどうやって誕生したのか?

地球が誕生したのは、今から46億年前。太陽やほかの惑星と一緒に生まれたと考えられている。宇宙に広がっている小さなガスやチリ(星間雲)が、重力の影響で1カ所に集まり始めたことが、その発端である。

星間雲はいったん集まり始めると、ゆっくりと回転しながら大きなかたまりをつくり始め、次第に中心部に向かって収縮するスピードを速めていく。その結果、円盤状の形になって、中心部の密度も上昇。ついには、核融合反応を起こして輝き始める。このときに生まれたのが、原始太陽だと考えられている。

その後、原始太陽の周辺を取り囲んでいたガスやチリは、宇宙空間に熱が逃げていくにつれて凝縮し、衝突と合体を繰り返して巨大化。数千年をかけて直径10キロメートルもの微惑星に成長する。その数はなんと10兆個。これらがさらに衝突と合体を繰り返すことで、いくつかの原始惑星が誕生した。その一つが、地球である。原始太陽の誕生から微惑星ができるまでの時間は、約1000万年。地球をはじめとする原始の惑星が誕生し、現在の太陽系が形成されるまで、約1億年もの歳月が必要だったと推測されている。

ちなみに、誕生してしばらくのあいだ、原始の地球の表面はドロドロに溶けた状態(マグマオーシャン)だった。そのような状態がいつまで続いていたのか、その詳細については諸説ある。しかし、遅くとも約40億年前までには、表面が冷えて地殻が形成され、原始海洋が存在していたことが、古い岩石の分析などから明らかになっている。


著=雑学総研