地球誕生当時の1日はわずか「5時間」!? 眠れないほど面白い地球の雑学(3)【連載】

地球はどうやって生まれたのか。気になりませんか? 人間の身体の知られざる秘密など、思わずだれかに話したくなる理系のウンチクで、あなたの雑談を‟スケールアップ"!

『人類なら知っておきたい 地球の雑学』から、第3回目をお送りします。


◇◇◇


■ 地球誕生当時の1日はわずか「5時間」だった!?

1日の長さは24時間と決まっているが、その常識が通用しなかった時代がある。それは今から46億年前。地球が誕生したばかりの頃、1日の長さはわずか5時間しかなかった。

そもそも1日の長さというのは、地球が1回転する長さのことである。つまり、地球が自転する速度が変われば、1日の長さも変化するわけだ。46億年前の地球は今よりも自転する速度が速く、5時間でひとまわりしていたが、それから少しずつ減速し、現在のように24時間で1回転するように変化していった。

地球の自転を減速させたもっとも大きな要因は、潮の満ち引きによって発生した摩擦である。月からの万有引力によって、海水がもっとも引き寄せられたときに生じるのが「満潮」、その反対の状況で生じるのが「干潮」という現象だが、このとき地球上で移動する海水は、海底とのあいだに摩擦を起こしている。この抵抗力が自転を妨げるブレーキとしてはたらくことで、徐々に減速していったのだと考えられている。

そのほかにも、大地と大気の摩擦、地下のマグマと地殻の摩擦、地球内部にあるマントルと核との摩擦など、地球の自転はいろいろな要因によってブレーキをかけられている。

ちなみに、こうした摩擦の力により、地球が自転する速度は現在でも遅くなっている。

ただし、減速するスピードは、20年間でたった1万分の1秒ほど。そのため私たちが生きているあいだに「1日が長くなった」としみじみ実感することはないのである。

著=雑学総研