日本でもよく起こる気象現象が「木星」では地球2個分の大きさ!? 眠れないほど面白い地球の雑学(10)【連載】 画像(1/2) 地球の雑学 その10

地球はどうやって生まれたのか。気になりませんか? 人間の身体の知られざる秘密など、思わずだれかに話したくなる理系のウンチクで、あなたの雑談を‟スケールアップ"!

『人類なら知っておきたい 地球の雑学』から、第10回目をお送りします。


◇◇◇


「木星」には地球2個分の巨大台風がある!?

直径が地球の約11倍、体積が約1300倍もある木星は、太陽系の中でもっとも大きな惑星である。その大きさのわりには軽く、重さは地球の約318倍。自転周期が約10時間と、非常に速く自転していることから、その遠心力で赤道方向にややつぶれた形をしている。

見た目でいうと、赤道方向に平行にのびるしま模様が特徴だが、これは大気中に浮かぶアンモニアの氷の粒からできた雲。その色の違いは、雲の粒の大きさや厚さ、微量に含まれる元素の違いなどが原因と考えられている。

同じく、模様という点では、地球からも見える赤い斑点模様も、木星ならではの特徴だ。これは「大赤斑(だいせきはん)」と呼ばれているが、その正体は、木星を取り巻く雲によってつくられた、地球の台風やハリケーンに似た現象である。

大赤斑は、地球が2個分すっぽりおさまってしまうほど巨大で、時速100キロメートルで左巻きに渦巻いている。17世紀にフランスの天文学者ジョヴァンニ・カッシーニよって発見されてから、およそ300年以上、消えることなく存在しているが、なぜ数百年もの長いあいだ消えずにいられるのかは、まだ解明されていない。

また、巨大な木星には数多くの衛星が存在し、現在までに63個発見されている。特に有名なのが、イタリアの天文学者であるガリレオ・ガリレイが発見した四つのガリレオ衛星である。その中の一つであるガニメデは、太陽系最大の衛星とされていて、惑星である水星よりも大きいことで知られている。

著=雑学総研