意外なアイテムで風呂場の黒カビが真っ白に!? 面倒なお掃除が楽になる簡単解決術 画像(1/2) “掃除のお悩み”を意外なアイテムを使って一挙解決!

多くの主婦が抱えている“掃除のお悩み”。「最善の方法がわからない」「もっと簡単に済ませたい」など、悩みを挙げたらキリがありませんよね。そこで今回は、あらゆる簡単掃除術をピックアップ。意外なアイテムを使った驚きのワザで、今まで苦労していた掃除が嘘のように楽チンになってしまうかも。

「漂白剤」と「片栗粉」で簡単カビ取り!

9月25日放送の「家事ヤロウ!!!」(テレビ朝日系)では、多くの主婦が頭を抱える“掃除のお悩み”を一挙解決。番組出演者のバカリズムさん、中丸雄一さん、カズレーザーさんの独身男3人組が、その驚きの“解決術”を披露しました。

まずはお風呂場の「黒カビ」の除去方法から。実はタイルの黒カビは専用の洗浄剤を使わなくても、「漂白剤」と「片栗粉」を使って簡単に落とせます。はじめに大さじ2杯分の「漂白剤」と「片栗粉」をペースト状になるまで混ぜ合わせ、黒カビ部分に塗っていきましょう。塗り終わったらそのまま5分間放置。あとはブラシで擦るだけで黒カビが綺麗になるそう。

続いてピックアップされたのが「トースターの焦げつき」。トースターに付着した黒い汚れの正体はパン・調味料・油が炭化したもので、雑菌の繁殖やゴキブリをおびき寄せる原因にもなります。

そんな焦げつきの解決法には“セスキ炭酸ソーダ”が最適。まずは10cm角に切ったアルミホイルを用意し、洗面器に50~60度のお湯を入れます。お湯600mlに対して、セスキ炭酸ソーダは30gが目安。セスキ炭酸ソーダを加えた洗面器に先程のアルミホイルを30秒間浸し、トースターの汚れた箇所を擦ればアッという間にピカピカです。セスキ炭酸ソーダは手が荒れにくいとはいえ、あくまでアルカリ性。掃除の際にはゴム手袋をはめるのがおススメですよ。

面倒な網戸掃除には“ストッキングだんご”が役立つ?

意外なアイテムで風呂場の黒カビが真っ白に!? 面倒なお掃除が楽になる簡単解決術 画像(3/2) 【写真】ストッキングだんごで網戸掃除が簡単楽チンに

主婦が抱える掃除のお悩みは数知れず。中でも“網戸掃除”を面倒くさいと感じる人が多いようで、ネット上では「網戸掃除が面倒くさすぎて、いっそのこと張り替えたい!」「我が家の網戸は16枚もあって、つけ外しだけでも大変」「蛇口がそばにないから、網戸をいちいち外してから掃除…。本当に骨が折れます」など苦労の声が続出しています。

そこで面倒な網戸掃除を解決するべく、以前放送された「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)では“網戸の簡単掃除術”をご紹介。家事代行サービスのプロ・高橋ゆきさんの話によれば、“ストッキングだんご”を使えば網戸掃除がグンと楽になるそう。

ストッキングだんごの作り方は、靴下の片足分をストッキングの足先部分に入れて団子状にまるめるだけ。番組では、セパレートタイプのストッキングを使ってお団子を作っていました。あとはストッキングだんごで網戸を優しく撫でれば、静電気によってホコリが吸着されて簡単に網戸掃除が完了します。

面倒に感じていたお掃除がひとつでも楽になれば、家事の負担も大きく変わってきますよね。掃除の悩みが絶えない主婦の皆さん、ぜひ一度“簡単掃除術”を試してみてはいかが?