お茶、お菓子、パン… 自宅に修理業者が訪ねてきた時、どうやってもてなしてる? 画像(1/2) 主婦たちが語る“修理業者のもてなし方”

友人や身内が自宅に遊びに来た時、お茶やお菓子をふるまうのはよく見る光景ですよね。しかし修理業者や点検業者など、仕事で来た人たちにはどのような“おもてなし”が適切なのでしょうか。とあるお悩みに寄せられた様々なアドバイスの中に、そのヒントが隠れているようです。

家に来た業者さんにお茶を出してる?

最近、一軒家に引っ越したという今回の相談者。内装や外装の手直し等で修理業者が何度か新居を訪れたそうですが、その際に「お茶を出した方がいいのか」「出したとして作業の邪魔にならないか」「逆に気を使わせてしまわないか」と疑問を抱えています。

そんな彼女のお悩みを受けて、世の主婦たちから様々なアドバイスが。中でも多かったのが、“ペットボトルの飲み物がおススメ”という声。ネット上では、「ペットボトルなら持ち帰りができるので、気兼ねなく渡せる」「暑い時はスポドリか冷たいお茶。それ以外の時は、コーヒーなども渡していますよ」といった意見が数多く上がりました。

いっぽう主婦のもてなしは飲み物だけではないようで、「壁紙リフォームの時に4日間かかったので、日によってはパンなども渡しました」「ちょうどハロウィンの時期で、業者さんにお子さんがいると聞いていたのでハロウィン仕様のお菓子を…」「冬場は魔法瓶に入れた温かいお茶と一緒に大袋のお菓子も出してたよ」などの声もチラホラ。

ちなみに大工さんの知り合いがいるという女性からは、「差し入れをくれるような人だと、俄然ヤル気が出ると言ってました」「差し入れがなくてもやることはやるけど、差し入れがあると“この人のために頑張ろう”とプラスアルファに思うそうです」というコメントも上がっていました。

家庭教師経験者が語る“驚きのVIP待遇”とは!?

お茶、お菓子、パン… 自宅に修理業者が訪ねてきた時、どうやってもてなしてる? 画像(3/2) 【写真】家庭教師に夕食をふるまうのは当たり前?

もてなし方に悩むのは、何も業者に限った話ではありません。業者への気遣いに悩む人がいるいっぽうで、とある主婦は“家庭教師”のもてなし方に頭を抱えているようです。彼女がこれから雇う家庭教師は、一人暮らしの学生とのこと。夜7時半が終了時刻のため、夕食をふるまうべきか悩んでいるといいます。

彼女の悩みを聞いて、ネット上では“家庭教師の経験者”と“家庭教師を雇ったことのある主婦”からの意見が続出。まず“家庭教師の経験者”からは、「一人暮らしで夕食を出されたら、正直ありがたい」「何度も食事をもてなされると嬉しい反面、毎回悪いなぁと恐縮してしまう部分も」など様々な心境が語られました。中には食事以外にも、「お歳暮・お中元として、菓子折りと商品券1万円をもらった」「毎回、駅まで送り迎えしてくれた」とVIP待遇を受けたという声も。

いっぽう家庭教師をお願いしたことのある主婦からは、「毎回コーヒーとおやつだけ」「食事を提供する代わりに時給を安くさせてもらった」「食事やおやつを出すよりも、食事代として金額を授業に足してあげた方が喜びますよ」といった声が上がっています。

友人でも身内でもない修理業者や家庭教師。もてなし方は家庭によって様々なようですね。