愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(1/10) 物産展には、味噌煮込みうどんやきしめんがたくさん!

愛知というと、小倉トーストやボリューム満点の喫茶店のモーニング、味噌煮込みうどんなど、こってりとした食事を好むイメージが強いですよね。もちろんそれらも愛知の名物ですが、実は野菜や抹茶、お酒なども愛知が誇る名産の1つです。


そんな愛知の魅力をもっと多くの人に伝えるべく、2018年12月1日(土)~12月2日(日)、東京都内の有楽町駅前広場にて、「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」が開催されました。


本イベントでは、愛知の名産品の物販はもちろんのこと、愛知のご当地キャラクター撮影会や「徳川家康と服部半蔵忍者隊」の演武などのステージイベントも設けられ、2日目には「グレート家康公「葵」武将隊」の演武や愛知県知事のトークイベントも行われました。今回は、2日目の様子をお伝えします。


ご当地キャラクターとの撮影会は、半田市観光マスコットキャラクターの「だし丸くん」、豊川市宣伝部長の「いなりん」、犬山市公式キャラクターの「わん丸くん」、稲沢市マスコットキャラクターの「いなッピー」が大集合! キャラクターたちと一緒に記念写真を撮ることができる時間も設けられ、子どもだけでなく大人も撮影を楽しんでいました。

愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(3/10) ご当地キャラクターたちとの撮影会

▲ご当地キャラクター撮影会の様子


その後、愛知県の大村秀章知事が登壇し、愛知の観光や名産、農業について紹介。実は、東京に出回っているキャベツの約半分は愛知県産のキャベツなのだそうです。ほかにもお茶の産地としても有名なこと、おいしい銘菓やスイーツもたくさんあることなど、意外と知られていない愛知の一面をPRしていました。

愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(6/10) 愛知県の大村秀章知事

▲登壇した大村秀章知事


愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(10/10) グレート家康公「葵」武将隊の2人
愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(15/10) 服部半蔵忍者隊による名産品PR

▲グレート家康公「葵」武将隊や服部半蔵忍者隊も、オススメの名産品を紹介していました


続けて、「グレート家康公「葵」武将隊」の演武。

愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(21/10) グレート家康公「葵」武将隊の演武

笑いと迫力にあふれた演武で観客を巻き込み、観客と一体となってその場を作り上げていました。ステージは撮影も可能で、ステージの周りにはスマホを構えて撮影を楽しむ姿も。ほかにも出展者のプレゼンテーションの時間も設けられ、地酒など試飲を交えつつ紹介。どのステージも終始楽しく和やかな雰囲気で、観客も笑顔で聞き入っていました。

愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(28/10) 出展者が地酒をプレゼンテーション

▲出展者自ら地酒のプレゼンテーション!


もちろんステージだけでなく、物産展も大賑わい。どのブースにも人だかりができていて、出展者たちが試食や試飲を提供しながら商品についての説明を行なっていました。味噌煮込みうどんやきしめん、バウムクーヘン、愛知県産の野菜、八丁味噌、地酒、抹茶など種類がとても豊富で、見て回るだけでも楽しい物販でした。

愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(36/10) 海老せんべいやお茶、八丁味噌も
愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(45/10) 愛知の地酒もたくさん…!

▲物販の様子。ほかにもたくさんの名産品が並んでいました

筆者もステージの合間に見てまわりましたが、食べてみたいものばかり。昼過ぎには既に売り切れている商品も多々あり、中には前日に購入したものを気に入って再度買いに来た、というお客さんもいました。

愛知の魅力いっぱい!「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」レポ 画像(55/10) 筆者も物産展で購入

▲筆者も思わずたくさん購入しちゃいました!


この「ディスカバー愛知フェア」は終了してしまいましたが、たまにはふらっと愛知旅行に出かけてみるのもいいかもしれません。現地には、現地でしか味わえない愛知がたくさん待っています♪


取材・文=月乃雫