今年の目標のひとつに「ダイエットの成功」を掲げた方も多いのでは?でも、いくら体重が減っても、なかなか細くならないのが脚。ダイエット成功者からも聞かれる脚やせの悩みに、Twitterでのツイートが「今までのどんな本よりもためになる!」「モチベーションがあがる!」と大人気。自身の個人レッスンの予約がほぼとれないトレーナー・石本哲郎氏が本気の脚やせ筋トレを解説した「脚からやせる神トレ」から、メソッドを中心に連載全11回でお送りします。今回は¨神トレメソッド¨2回目です。


予約の取れない女性専門トレーナーが教える「脚やせに大切なのは 必要な筋肉を増やして 不要な筋肉を減らすこと」脚からやせる神トレ(2)【連載】 画像(1/2) 脚の狙った部位を必ず細くする、本気の脚やせ筋トレを解説!

脚やせに大切なのは必要な筋肉を増やして不要な筋肉を減らすこと


脚やせに必要な要素は、3つだけ。

①体脂肪を落とす

②むくみを改善する

③必要な筋肉を増やし不要な筋肉を減らす


……え? 筋肉を「減らす」?


「ガッツリ筋トレをすれば、体脂肪が筋肉に変身し、脚が細くなる」というイメージがありますが、これは大きな勘違い。

どんなにトレーニングをしても、体脂肪が筋肉にかわることはありません。


たとえばおなかの場合、腹筋をきたえることによって高確率でサイズダウンします。その理由は、おなかには「腹腔」という空洞があるから。

ただしこれは、筋肉の影響で腹腔内に体脂肪が押し込まれるため、サイズダウンはしますが、体脂肪が落ちているわけではありません。でも、脚には空洞が存在しませんよね?


きたえて筋肉を増やせば、「たるんだ感」が減る可能性はありますが、脚やせのためには、「細くしたい部分はきたえない」のが基本です。


作=石本哲郎