人生100年時代の「もしも」に備える方法、知ってますか? 画像(1/1) 人生100年時代の「もしも」に備える方法、知ってますか?

高齢化や家族形態の変化によって高齢者のみ世帯が増加している現代。

自分が歳をとり、様々な事情で一人暮らしをしているときに「もしも…」のことが起こったらと想像すると不安ですよね。

そんな現代の不安に応える「GranAge Star ~老後も、その後も、自分らしく。~」というサービスが始まったのをご存知ですか?

人生100年時代に誰もが「安心して・自分らしく」過ごすために

「GranAge Star ~老後も、その後も、自分らしく。~」は「身元引受保証」「葬儀や納骨等の亡くなった後の対応」等の老後の”もしも″に備えるサービスと、定期的な見守電話や健康介護・マネー相談等を提供する「暮らしのサポートデスク」がパッケージになったサービス。「GranAge Star」という名称には、シニアの一人ひとりが主役となり、人生100年時代を輝いて過ごしてほしい、との意味が込められているそうです。


東京大学高齢社会総合研究機構の秋山特任教授は本サービスに関して、「家族を含めて他人に迷惑をかけずに暮らし続けたいと考える高齢者も非常に多いです。そうした思いを満たし、最期まで安心を確保するには、いざとなったときのことを含めて『家族の役割』を担ってくれる社会的サポートが求められています。『GranAge Star』は、こうした高齢者のニーズに応える画期的なサービスと考えます。」とコメント。人生100年時代には欠かせないサービスと言えそうです。


このサービスはNPOりすシステムが日本生命契約者向けに提供するサービス。当面は多摩ニュータウン地域向けに提供し、順次エリアを拡大予定です。