どんな服をどんな基準で選び、どう着こなすのか。

服選びや着こなしには、良くも悪くもその人のすべてが表れます。

大切なのは、情報に振り回されすぎず、自分に合った自分らしい基準を持つこと。

基本を知ったうえで自分なりの基準があれば、服選びに自信が持てるようになります。

著書累計10万部という、人気ファッションアドバイザーで2児の母でもある日々理子さんによる『色合わせと着こなしの微差で一生おしゃれな人になる』から全20回までお届け。

今回は第20回目です。

「スニーカー=どカジュアルを卒業する」色合わせと着こなしの微差で一生おしゃれな人になる(20)【連載】 画像(1/2) 出典:『色合わせと着こなしの微差で一生おしゃれな人になる』

♢♢♢♢♢♢♢♢


「スニーカー=どカジュアルを卒業する」色合わせと着こなしの微差で一生おしゃれな人になる(20)【連載】 画像(3/2) 【画像を見る】大人気ファッションアドバイザー&2児の母が教えるおしゃれの絶対法則

ハイテクスニーカー/歩きやすさを重視したいとき、足もとにボリュームを出したいときはハイテクスニーカーをチョイス。足首の抜け感はマストです(左)。

ローテクスニーカー/黒のローテクスニーカーは、足もとにボリュームを出したくないときにぴったり。ロング丈のワイドパンツとの相性も抜群です。


スニーカー=どカジュアルを卒業する

「スニーカーを履くと野暮ったくなって困る」というお悩みをよく聞きます。そんな方はまず、スニーカーコーデ=全身カジュアルという認識を捨ててしまうのが良いと思います。服はきれい目で、足もとだけカジュアル。このバランスにぜひチャレンジしてみてください。


大人っぽく見えておすすめなのが、白ソール&黒アッパーのもの。白×黒でキリッと格好良く見えるうえに、黒の中に白が抜けをつくってくれるため、適度な軽さが出ます。ちなみに、写真右の黒コンバースのオールスターは、通常の半分の重さで、インソールのおかげで履き心地も軽快。かなりお気に入りです。左のナイキのインターナショナリストも、好きすぎてまったく同じものを2足購入したほどの、筋金入りのマイ溺愛スニーカーです。


著=日々理子