2019年、この後の家計はどうなる? プロに聞いた「月ごとの家計チェックポイント」

#くらし 
2月は冬物セールの終盤戦。欲しい服や小物はこの機械にゲット!


消費税が10%にアップする今年は、お金の試練の年。さまざまな家計へのダメージが待ち構えています。そこをどうやって乗り切って、家計を見直せばいいのか? 「貯まる女」を目指して知っておきたい&やっておきたいことをお金の専門家・藤川 太さんが、月ごとに教えてくれました!

2019年 この後家計はこうなる!?


【3月】車や家電を買うなら、ココ! 決算期で安くなる可能性が!?  消費税アップ前の注文住宅の新築工事請負契約は3月31日まで(8%適用)。

【4月】子どもの新入学・進級で、教育費のかかり方が変わる時期、家計管理に注意。

【写真を見る】4月に平成が終了。働き方関連法が順次施行。新しい大学制度「専門職大学」が開学など世の中も大きく変わる


【5月】新元号への変わり目には、スマホアプリでの詐欺や金融機関をかたった詐欺、個人情報の詐取などに注意。自動車税の支払いあり。

【6月】夏のボーナス。先取り貯蓄が順調かどうかのチェックを。ボーナスからも貯蓄しよう。夏休みの旅行や帰省の予定を立てつつ、あらかじめ費用(特別出費用)を貯めておく。

【7月】夏休みの旅行やレジャーなどでの使い過ぎに注意。

夏のレジャーシーズンこそ使い過ぎによる“家計破綻”に注意!


【8月】夏物セール、終盤戦。欲しい洋服や小物は、この機会にゲット。増税に備えて、一円玉を使い減らしておく。財布の中もスッキリ。

【9月】家電、車などは、増税後のほうが安くなる場合も。新築マンションは9月30 日までの引き渡しで消費税8%に。

【10月】消費税、8% →10%に! キャッシュレス会計なら8%のままかも!? 支払いに一円玉をあまり使わなくなる!?

キャッシュレス会計なら消費税は8%のままかも?


【12月】冬のボーナス。1年間の先取り貯蓄の成果をチェック。「貯め体質」になれたかどうか?  家電量販店の年末商戦追い込み。家電購入は値切りやすいかも。

もちろん、家計管理はひとりががんばるものではありません。家族でこのスケジュールを共有して、みんなで一丸となって家計をうまく回しましょう!

イラスト=竹田匡志 取材・文=生島典子

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:藤川 太さん
生活デザイン株式会社代表取締役、ファイナンシャルプランナー。「家計の見直し相談センター」での相談業務、講師、メディアへの出演などで活躍。著書に『年収が上がらなくてもお金が増える生き方』(プレジデント社)など。


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //