その手指の痛みや腫れも…⁉ 女性ホルモン減少による意外な影響

#美容・健康 
老化が気になるアラフォーのレタ子もこの事実にビックリ!


母親や年配の女性で、指先が曲がっているなど変形している人を見かけたことはありませんか。「実は女性ホルモンの減少に関係する場合もあることがわかってきています」と教えてくれるのは、クリニックシュアー 銀座 院長の飛田砂織先生。手指に痛みを感じている人、必読です!

手指にも女性ホルモンが関係していた!?


「手指の先のほうが痛む、という人は多いといわれています。実はこれも女性ホルモン(エストロゲン)の減少に関係する場合もあることがわかってきています」と飛田先生。エストロゲンは手指の関節にも作用しているらしいと考えられていて、減少することで痛みや腫れを起こす可能性も。また放置すると、指先の変形を引き起こしてしまうこともあるそう。

「使い過ぎや疲れかなと見過ごさず、まずは病院を受診しましょう。関節リウマチなどの疾患がない場合、女性ホルモンの減少が関与している可能性もあるので、生活習慣の見直しやサプリメントなどで症状が和らぐ場合もあります」(飛田先生)。変形してしまってからでは遅いので、痛みを放置せずケアして、美しい手を保ちましょう。

【手指に変化が出るケース】

人差し指から小指にかけての第一関節の部分が、赤く腫れたり痛みを感じます。40代以降に多く見られますが、30代後半から出る人も。

【写真を見る】この辺りに変化が出る


痛みを放置したまま何年も経過すると、変形してきてしまうことも。重症化すると、手術が必要になる場合もあります。

変形することも…


Hirase Y, Clinics in Surgery, 2018  戸張佳子ほか: 日手会誌, 2015より改変


こんな症状も出ることも


手指の第一関節だけでなく、第二関節でも痛み、しびれ、腫れなどの症状が出ることもあるそう。スマホやキーボードの使い過ぎかな、と見過ごすのは禁物。エクオールのサプリメントで症状がかるくなったという報告もあるので、下記のような不調を感じたら早めのケアを心がけて。

□朝、指の関節が痛い、しびれる

□むくみだと思っていたけど、関節のところに腫れ、こわばりが

□左右で指の形が変わってきた!?

.


手の酷使が原因と思われていた手指の不調は、実は女性ホルモンの変動が関わっている可能性が! エストロゲンの分泌が大幅に減る40歳以降から、急に手指の関節の痛みや腫れ、変形を訴える数が増え、50~55歳でピークに。もし今、何らかの症状があるなら、放置せずに病院を受診しましょう。

イラスト=まつむらあきひろ 取材協力=黒木博子(smile editors)

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:飛田砂織 先生
医師。クリニックシュアー銀座 院長。合成でない天然のナチュラルホルモンを使った補充療法やサプリメント療法など、健やかに美しくなる最新の抗加齢医学に基づいた治療を行なっている。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //