冬だからこそ! 食卓がほっと和む木のテーブルウェアセレクション 画像(1/5) オブジェのような三角形は 1つで3役をこなしてくれる。4,200円

まだまだ寒い日が続くから、毎日の食卓にもぬくもりがほしいもの。手触りがやさしいカフェオレボウル、自然が作り出したフォルムも美しいマグカップ……天然素材ならではのすぐれた機能性が光るアイテムにも注目を。

David Mellorの「Triple Trivet」

イギリスのデザイナー、デビッド・メラー氏がデザインしたオーク材の鍋敷きは、デザイン性と機能性を兼ね備えた逸品。大・中・小と3サイズの正三角形が入れ子式になっているので、大きな土鍋やケトル、小ぶりなココットなど、器に合わせて使い分けることができます。

工房 十勝の木のうつわの「カフェオレボウル」

冬だからこそ! 食卓がほっと和む木のテーブルウェアセレクション 画像(3/5) 【写真を見る】カフェオレにも、みそ汁にも。手前からサクラ、ミズキ 直径13×高さ 8.5cm 各7,700円(税込み)

北海道の広葉樹をしっかりと乾燥させ、一つ一つ手作業でプレートやお椀などを作り上げる工房。手にしっくりとなじむカフェオレボウルは、和洋の料理ジャンルを選ばずに使えます。

東屋の「バターケース」

冬だからこそ! 食卓がほっと和む木のテーブルウェアセレクション 画像(6/5) 木目も美しいむく材が バターをおいしくキープ。5,800円

山桜のむく材をくりぬいて、くるみ油をすり込んで仕上げられたバターケース。全判サイズは一般的なバター200gが入ります。厚みのあるむく材の自然な断熱効果がバターの鮮度を保ち、冷蔵庫内でのにおい移りや酸化も防いでくれます。

柴田慶信商店の「パン皿」

冬だからこそ! 食卓がほっと和む木のテーブルウェアセレクション 画像(10/5) 焼きたてトーストの食感を 守ってくれるお皿。大7,000円、小3,000円

天然杉を使う伝統的工芸品、大館曲げわっぱを現代の食卓に合うようにアレンジした白木のパン皿。トーストしたパンの蒸気をお皿が適度に吸収してくれるため、パンがべたつくことなく焼きたてのさっくりした食感を楽しめます。

KOIVUMAAの「ククサ」

冬だからこそ! 食卓がほっと和む木のテーブルウェアセレクション 画像(15/5) 贈られた相手が幸せになるといい伝えられる伝統の品。190cc 17,000円

ククサとは、スカンジナビア北部ラップランドに古くから伝わる、シラカバのこぶをくりぬいて作る素朴なカップ。フィンランドの工房で職人によって手作りされた特別な一品は、持ち手の上部にトナカイの角があしらわれています。


芽吹きのシーズンはまだ少し先だけど、ぬくもりあるテーブルウェアたちに囲まれて春を迎えるのもステキですね!


撮影=安井真喜子 スタイリング=中村弘子 編集協力=入谷奈穂