何の役に立つのかわからないニュートリノのすごさ 眠れないほど面白い地球の雑学(123)【連載】 画像(1/2) 地球の雑学 その123

地球はどうやって生まれたのか。気になりませんか? 人間の身体の知られざる秘密など、思わずだれかに話したくなる理系のウンチクで、あなたの雑談を‟スケールアップ"!

『人類なら知っておきたい 地球の雑学』から、第123回目をお送りします。


◇◇◇


何の役に立つのかわからない ニュートリノのすごさ

2002年に小柴昌俊(こしばまさとし)氏、2015年にはその弟子にあたる梶田隆章(かじたたかあき)氏が「ニュートリノ」研究でともにノーベル物理学賞を受賞した。しかし、そもそも「ニュートリノ」とは何のことなのだろう。

原子の中心には陽子と中性子からなる原子核があり、さらにその陽子と中性子は、これ以上分けることのできない極小の素粒子にいきつく。ニュートリノとは、そうした小さな素粒子の一つである。

小柴氏は、岐阜県にある旧神岡(かみおか)鉱山の地下深くにある観測装置「カミオカンデ」によって、史上初めて自然に発生したニュートリノの観測に成功。梶田氏は、3種類あるニュートリノ(電子ニュートリノ、ミューニュートリノ、タウニュートリノ)が、飛んでいるあいだに種類を変える「振動」という現象を発見したことが、ノーベル賞へとつながった。

では、我々の生活にニュートリノがどう役立つのかというと、じつは何も役に立たない。ただし、それはあくまで現時点での話。素粒子という、宇宙をつくっているいちばん小さなものに対する研究が、100年後、どのような成果に結びつくのかは、今はまだわからないとしかいえないのだ。

ただし、現時点でニュートリノを研究することでわかるのは、太陽の中心部分の様子である。太陽の中心核ではたくさんのニュートリノが生み出されていることから、これを観測する技術がさらに進めば、太陽の謎の解明につながる。

また、2011年にヨーロッパで行なわれた実験では、ニュートリノは光よりもわずかに速いという結果が観測された。この現代物理学をひっくり返す大発見がもし事実であるならば、理論上、タイムマシンをつくることも可能といわれている。

著=雑学総研