たくさん服は持っていても、毎朝何を着ていいかわからない、どうしてもうまく着こなせない…!だからもっと服を買わないと…?でもちょっと待ってください。いまアナタのクローゼットにある、Vネックセーター、ボーダーカットソー、デニムなど「普通の服」で、おしゃれな着こなしが叶うとしたら? インスタグラムのフォロワー数22万人越えのファッションイラストレーター・あわのさえこ(@saeko55)さんによる、手持ちの定番服で素敵に見せる着こなしテクニックが満載の「普通の服でおしゃれになれる」より7回連載でお送りします。マネするだけでパッとあか抜けるから、もう服は買わなくても大丈夫!今回はレッスン2回目です。


◇・◇・◇


大人っぽい人は、ネイビー、グレー、ベージュを着ている


上品な着こなしに欠かせないのが、ベーシックカラー。

中でもスタイリングをグッと大人っぽく仕上げてくれるのが、ネイビー、グレー、ベージュの3色です。

ベーシックカラーの良さは、取り入れやすさと、合わせる色を選ばないこと。

手持ちの服で取り入れられるところも魅力です。


色だけ見ると地味に感じますが、グラデーションやニュアンスカラーのコーデ、反対色のコーデを取り入れると、奥行きのあるコーディネートに仕上がります。

ここでは、そんな万能カラーに合わせる、色合わせのコーディネートをご紹介。

ベーシックカラー同士の組み合わせパターンのほか、色合いだけでおしゃれな雰囲気をつくれる、ネイビー×ビビッドカラー、グレー× パステルカラー、ベージュ×ダークカラーなどもおすすめです。


「地味色でも華が生まれるネイビー」◆普通の服でおしゃれになれる(2)【連載】 画像(1/5) おしゃれで素敵な女性ほど、「普通の服」を上手に取り入れている

Navy×Basic color ネイビー×ベーシックカラー

カジュアルなのにきちんと感のある、安心色のネイビー。

色味や素材の組み合わせ次第で、地味色でも華が生まれます。


「地味色でも華が生まれるネイビー」◆普通の服でおしゃれになれる(2)【連載】 画像(3/5) 【画像を見る】クローゼットにあるデニムとシャツが見違える!

◆ネイビー×ライトネイビー「カジュアルなネイビーには革靴でツヤを取り入れる」

デニムとシャツのカジュアル同士にはスニーカーではなく、かっちりとした革靴で引き締めます。

シャツの下の白T &足元の白ソックスでほどよく抜け感を。


「地味色でも華が生まれるネイビー」◆普通の服でおしゃれになれる(2)【連載】 画像(6/5) 出典:普通の服でおしゃれになれる

◆ネイビー×ダークネイビー「トーンを統一すれば柄ものもシックにキマる」

フェミニンな花柄も、ネイビー1色なら甘すぎません。控えめなコーデには、PVCなど流行小物をワンポイント加えるだけで、たちまちおしゃれに見えます。


◆ネイビー×ブラウン「透け素材のシフォンブラウスもネイビーなら上品に」

ブラックの透け素材は色っぽく見えますが、ネイビーは品の良い印象に。地味にまとめず、あえて大胆な柄のスカートを。

色をリンクさせれば上手にまとまります。


Navy×White ネイビー×ホワイト


「地味色でも華が生まれるネイビー」◆普通の服でおしゃれになれる(2)【連載】 画像(10/5) 出典:普通の服でおしゃれになれる

◆ホワイト×ネイビー「白のトップスとネイビーのボトム合わせは清潔感が出る」

清潔感のあるシンプルな白ノースリーブは、レディ感を醸し出すとろみ素材のネイビーボトムスと相性良し。

エナメルシューズを合わせて、フォーマルな仕上がりに。


「地味色でも華が生まれるネイビー」◆普通の服でおしゃれになれる(2)【連載】 画像(15/5)  出典:普通の服でおしゃれになれる

◆ネイビー×ホワイト「白の“ちら見せ”でおしゃれ度が一気増し!」

ニット× デニムのワンツーコーデも、裾から白T を覗かせるだけでこなれ感がアップ。

赤のフラットに白ソックスを合わせて、白をリンクさせます。


◆ネイビー×ホワイト「白のレギパンならレイヤードしてもスマート」

重く見えがちなニットワンピのレイヤードスタイルも、白ボトムスならすっきり。

大ぶりなネックレス&ピアスをつければ、顔まわりもグッと華やかになります。



作=あわのさえこ

協力=中西彩乃