たくさん服は持っていても、毎朝何を着ていいかわからない、どうしてもうまく着こなせない…!だからもっと服を買わないと…?でもちょっと待ってください。いまアナタのクローゼットにある、Vネックセーター、ボーダーカットソー、デニムなど「普通の服」で、おしゃれな着こなしが叶うとしたら? インスタグラムのフォロワー数22万人越えのファッションイラストレーター・あわのさえこ(@saeko55)さんによる、手持ちの定番服で素敵に見せる着こなしテクニックが満載の「普通の服でおしゃれになれる」より7回連載でお送りします。マネするだけでパッとあか抜けるから、もう服は買わなくても大丈夫!今回はレッスン4回目です。


◇・◇・◇


「とことんベーシックは 実はスタイリッシュ<ベージュ>」◆普通の服でおしゃれになれる(4)【連載】 画像(1/5) おしゃれで素敵な女性ほど、「普通の服」を上手に取り入れている

Beige×Basic color ベージュ×ベーシックカラー

女性らしいムードを出してくれるのがベージュ。

ベーシックカラーの中でも、特に明るさの出るカラーです。


「とことんベーシックは 実はスタイリッシュ<ベージュ>」◆普通の服でおしゃれになれる(4)【連載】 画像(3/5) 【画像を見る】使いやすくて合わせる色を選ばない定番カラー。 だから手持ちの服で取り入れられる!

◆ライトベージュ×ベージュ「ベージュでグラデをつくるとこなれて見える」

濃淡の差をつけたベージュの色合わせで、一気に上品に。

ボーダー&デニムのカジュアルなコーデも、ロングアウターを羽織ると、よそ行きに早変わりします。


「とことんベーシックは 実はスタイリッシュ<ベージュ>」◆普通の服でおしゃれになれる(4)【連載】 画像(6/5) 出典:普通の服でおしゃれになれる

◆ネイビー×ライトベージュ「デザインの強いアイテムもライトベージュなら上品」

ディテールのおしゃれなスカートを引き立ててくれる、超シンプルな紺タートル。

個性の強いアイテムにはベーシックカラーが必須です。小物も同系色が正解。


◆ライトベージュ×ブラウン「アースカラーコーデの差し色にデニムジャケットが活躍」

黒ではなくブラウンのパンツを取り入れたところが、憎い組み合わせです。

差し色に、淡い色のデニムジャケットを肩掛けすると、よりスタイリッシュに。


Beige×Black ベージュ×ブラック

ベージュには、黒の重みを和らげる効果があります。

小物やインナーも同系色で統一すると、よりやわらかな印象に。


「とことんベーシックは 実はスタイリッシュ<ベージュ>」◆普通の服でおしゃれになれる(4)【連載】 画像(10/5) 出典:普通の服でおしゃれになれる

◆ブラック×ベージュ「シャープなモノトーンがほんのり優しい表情に」

ベージュのナチュラル色が入ることで、シャツの柄のインパクトが和らぎ、親しみやすいモノトーンに。

さらにバッグのファーが、コーデの一体感を格上げ。


「とことんベーシックは 実はスタイリッシュ<ベージュ>」◆普通の服でおしゃれになれる(4)【連載】 画像(15/5) 出典:普通の服でおしゃれになれる

◆ベージュ×ブラック「ハズしアイテムを使うとおしゃれに見える」

クールなモノトーンコーデには、プレッピーなアースカラーのチェック柄ジャケットであえてハズして。

バッグはモノトーン、ベージュともにハマる赤を。


◆ブラック×ベージュ「とことんベーシックは実はスタイリッシュ」

黒タートル&チノパンだけの王道スタイル。

実はデニムよりもきちんと感があり、幅広い場面で活躍します。

小物を白で統一するとよりきれいめな仕上がりに。



作=あわのさえこ

協力=中西彩乃