たくさん服は持っていても、毎朝何を着ていいかわからない、どうしてもうまく着こなせない…!だからもっと服を買わないと…?でもちょっと待ってください。いまアナタのクローゼットにある、Vネックセーター、ボーダーカットソー、デニムなど「普通の服」で、おしゃれな着こなしが叶うとしたら? インスタグラムのフォロワー数22万人越えのファッションイラストレーター・あわのさえこ(@saeko55)さんによる、手持ちの定番服で素敵に見せる着こなしテクニックが満載の「普通の服でおしゃれになれる」より7回連載でお送りします。マネするだけでパッとあか抜けるから、もう服は買わなくても大丈夫!今回はレッスン6回目です。


◇・◇・◇


「定番アイテムはバランスで見違える」◆普通の服でおしゃれになれる(6)【連載】 画像(1/5) おしゃれで素敵な女性ほど、「普通の服」を上手に取り入れている

首まわりの型違い

1年中使えるカットソーは、型違いで持っていると便利。

首元の露出度によって、テイストも変わります。


◆Item<クルーネック>よりカジュアルな印象

カーキパンツなどカジュアルなボトムスにマッチ。

襟が詰まっている分、手足首は出してすっきりと。

「定番アイテムはバランスで見違える」◆普通の服でおしゃれになれる(6)【連載】 画像(3/5) 【画像を見る】首元の露出度だけでもテイストがこんなに変わる!

◆Item<ラウンドネック>曲線は優しげに見える

首元はノーアクセでデコルテを強調します。

丸いラインが優しい印象なので、ボトムや小物は甘くないものを。


◆Item<ボートネック>鎖骨が見えてすっきり

着やせ効果のある、ボートネック。

布面積の広いロング丈スカートでももたついて見えず、よそ行きなスタイルに。

「定番アイテムはバランスで見違える」◆普通の服でおしゃれになれる(6)【連載】 画像(6/5) 出典:普通の服でおしゃれになれる

◆Item<V ネック>直線は大人っぽい雰囲気に

真っすぐでシャープなVライン。

メンズライクなコーデもきれいめでドレッシーな雰囲気をつくることができます。


ボーダーの太さ


◆Item<細いボーダー>インナーのポイントになる

カジュアル感と女らしさを持つ細めボーダー。

スパイシーなアウターとも相性良し。

ボトムスは細身のものを。

「定番アイテムはバランスで見違える」◆普通の服でおしゃれになれる(6)【連載】 画像(10/5) 出典:普通の服でおしゃれになれる

◆Item<太いボーダー>カジュアル好きにおすすめ

存在感のある太ボーダーはベーシックアイテムでまとめるのが正解。

膨張して見えるので、インするのが鉄則です。


ボーダーの色


◆Item<発色よいカラー>トレンド感を出したいときに

ビビッドな色味のボーダーは、コーデに変化がつく主役アイテム。

チノパンやデニムのベーシックなアイテムを。

「定番アイテムはバランスで見違える」◆普通の服でおしゃれになれる(6)【連載】 画像(15/5) 出典:普通の服でおしゃれになれる

◆Item<渋いカラー>ベーシックカラーに合う

落ち着いた印象のベージュ色なら、黒のきれいめアイテムをほどよくやわらげて、カジュアルダウンしてくれます。



作=あわのさえこ

協力=中西彩乃