歯科医も知らなかった!? 食後に“チーズ”を食べると虫歯になりにくいワケ 画像(1/2) “チーズ”が虫歯を予防する!?

子どもだけでなく、大人も恐怖におののく“虫歯”。

日頃から予防対策を徹底していきたいところですが、“歯磨き”以外の対策にピンと来ない人も多いのでは?

そこで今回は、“食べ物”にまつわる虫歯対策を徹底解剖。

名歯科医たちも最近知った、最新の虫歯対策をご紹介していきましょう。


チーズの力は虫歯予防から歯の再石灰化まで!

2月14日放送の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館」(テレビ朝日系)では、歯科医が勧める“虫歯の予防法”を特集。

アキバ歯科院長・秋馬秀成先生、たろう歯科クリニック院長・清水太郎先生、あさの歯科クリニック院長・浅野和正先生の3人は、「食後に“チーズ”をかじると虫歯予防になる」という新事実を教えてくれました。


何故チーズが虫歯予防になるかというと、口の中を“アルカリ性”に変えてくれるからです。

実は食後の口内は酸性に傾くため、とても虫歯になりやすい状態に。

しかしチーズを食べると口の中はアルカリ性に変わるので、虫歯予防だけでなく“歯周病予防”にも効果的です。

さらにチーズには歯を強くする“リン酸カルシウム”が含まれており、歯の再石灰化を促進する働きも。


チーズで虫歯予防したい場合は、プロセスチーズよりも“ハードタイプのナチュラルチーズ”がおススメ。

チーズの成分は時間を置くとアルカリ性が強くなるため、歯磨きはチーズを食べてから30分後が理想的ですよ。


ちなみに“虫歯予防にチーズが良い”という事実は、最近明らかになったばかり。

この新事実にはネット上も、「え、チーズを食べると虫歯予防になるの!?」「歯科衛生士の私でさえ、知らなかった…」「明日から早速習慣化しようかな」といった驚きの声が相次いでいました。


虫歯になりにくい“おやつ”って何?

歯科医も知らなかった!? 食後に“チーズ”を食べると虫歯になりにくいワケ 画像(3/2) 【写真】食べ物に意識を向けて虫歯対策を徹底!

虫歯予防の強い味方“チーズ”は、酒のおつまみやおやつにもピッタリ。

そんなチーズが“虫歯予防に効果的”と聞いて、明日からの子どものおやつにチーズを採用するお母さんも多いのでは?

実は虫歯になりにくいおやつは、チーズの他にもたくさん。

そこでここからは、虫歯になりにくい“おやつ”についてご紹介していきます。


「花王株式会社」の公式サイトでは、乳歯期の理想的なおやつを掲載。

虫歯になりにくいおやつには「チーズや牛乳などの乳製品」「トウモロコシやじゃがいもなどの野菜」「季節の果物」「甘くないポテトチップス」「せんべいやえびせん」といった名が上がり、逆に虫歯になりやすいおやつには「口の中に長時間入れるキャンディやガム」「歯にくっつきやすいキャラメル」がピックアップされました。


さらに虫歯予防で最も大切なのは“おやつの与え方”。

だらだらとおやつを食べ続けていると、みるみるうちに口内は酸性状態になるので禁物です。

そのため乳歯期の子どもは、おやつの時間をしっかり決めることが大切。

3歳までは1日2回、3歳を過ぎたら1日1回を目安に食べるとベターですよ。


口に入るものに少し意識を向けるだけで、虫歯予防が大いに期待できるかも。この機会に、親子で虫歯対策を徹底してみてはいかがでしょうか。