【クイズ】結婚指輪を左手の薬指にはめるのはなぜ? 頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学(44) 画像(1/1) 結婚指輪を左手の薬指にはめるのはなぜ?

「一晩置いたカレーがおいしくなるのはなぜ?」「ポン酢のポンってなに?」…というような学校では教わらないけれど子どもに話したい雑学を集めました!

子どもが思わず「パパ、ママ、すご~い!」と言ってしまう「おもしろ知識」「生活の知恵」が盛りだくさんの『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』から、第44回目をお送りします。


◇ ◇ ◇

結婚指輪はなぜ左手の薬指にはめるのか?

左手の薬指に指輪があるかどうかで、相手が結婚しているかどうかを判断する人も多いのではないだろうか。

結婚で指輪を取り交わす習慣は、古代ローマ時代に起源があるそうだ。当時は商習慣で取引が成立すると指輪が交換された。結婚もある種の契約なので、そこから派生して指輪を交換することになったというのだ。

では、結婚指輪を左指の薬指にする習慣はいつ生まれたのか。

11世紀頃にはカトリック教会が結婚指輪に祝福を与える儀式をはじめ、この時に左手の薬指にはめる習慣が生まれたといわれている。ただし、当時はそれほど厳密な決まりではなかったようだ。その後、「左手の薬指は、愛の血管で心臓と結ばれている」「もっとも心臓に近い血管が通っている」といった説が生まれ、二人を結ぶ愛の証として指輪が使われるようになった。

日本では、指輪は幕末にオランダから長崎にもたらされた。はじめは遊女の間で流行し、やがて庶民にも広まったとされる。もちろん、それは装身具としての指輪。結婚指輪が広まるのはもっとあとのことだ。明治に入り、欧米との交流が盛んになるにつれて、ようやく普及するようになった。