【クイズ】冬の定番「フリース」っていったい何? 頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学(47) 画像(1/1) 冬の定番「フリース」っていったい何?

「一晩置いたカレーがおいしくなるのはなぜ?」「ポン酢のポンってなに?」…というような学校では教わらないけれど子どもに話したい雑学を集めました!

子どもが思わず「パパ、ママ、すご~い!」と言ってしまう「おもしろ知識」「生活の知恵」が盛りだくさんの『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』から、第47回目をお送りします。


◇ ◇ ◇

冬の定番「フリース」とはそもそも何なのか?

軽くて温かいフリース素材の服は、今やすっかり冬の定番になった。フリースは寒いときに着るものだから、「冷凍・凍結」を意味する英語のフリーズ(freeze)と関係がありそうだが、まったく別の言葉である。

テレビなどで、羊の毛の刈り取り作業を見たことはないだろうか。モコモコした羊の毛をバリカンで刈って、途中で切れずにつながったままだと、まるで一枚の毛皮のようになる。この羊の原毛が「フリース(fleece)」で、いわば元祖フリースである。

そして近年になって、その外観を真似た新フリースが誕生した。織物であれ編み地であれ、刈り取った羊毛のように起毛させた生地である。素材は羊毛に限らない。ポリエステル素材のフリースが大ヒットし、一部にはリサイクルしたペットボトルも使われている。

ポリエステル素材のフリースの弱点は、厚く起毛しているため摩擦(まさつ)に弱いこと。洗濯のときに強い水流に当てたり、手でギュウギュウもんだりすると毛並みが型崩れしやすい。

そっと洗うのが、ふんわり感を保つ秘訣だ。

ところで、フリースと間違えそうな繊維に、「フリーズ(frieze)」がある。起毛させた毛羽のある厚手の紡毛(ぼうもう)織物で、コートなどに使われているが、その名はフリースとは関係ない。フリーズという名称はこの繊維を作っていた北部オランダのフリースラント(Friesland)地方に由来している。フリース同様、冬に用いられるので、なおさら混同しやすい素材である。