【クイズ】シャツの打ち合わせが男性が右前、女性は左前なのはなぜ? 頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学(53) 画像(1/1) シャツの打ち合わせが男性が右前、女性は左前なのはなぜ?

「一晩置いたカレーがおいしくなるのはなぜ?」「ポン酢のポンってなに?」…というような学校では教わらないけれど子どもに話したい雑学を集めました!

子どもが思わず「パパ、ママ、すご~い!」と言ってしまう「おもしろ知識」「生活の知恵」が盛りだくさんの『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』から、第53回目をお送りします。


◇ ◇ ◇

シャツの打ち合わせが男女で逆なのはなぜ?

和服の場合は、男女ともに右の身頃を手前にして着る「右前」が基本。左身頃を手前にする「左前」は、死装束(しにしょうぞく)の着方で、死者と生きているものを見分けるためという意味がある。

一方、洋服の場合は男女によって着方が異なる。男性は右前、女性は左前と決まっている。この由来にはいくつかの説がある。

もともと西洋では、男も女も左前で服を着るのが一般的だったのだが、中世の頃、騎士が腰に剣を吊(つ)るすようになって事情が変わってきた。右利きの騎士が外衣をめくって左腰の剣抜く必要があるため、男性は右前になったのだ。

ほかにも、人類の9割を右利きが占めるため、右利きがボタンを留めやすい右前が定着したとの説もある。

ではなぜ女性の服は左前になったのか。当時、コルセットをつけているせいで女性は一人で服を着ることができなかったため、身分の高い女性は召使いに服を着せてもらっていた。つまり、着せる側の召使いがボタンを留めやすいよう、着る側から見て左前になる服が主流になったのだ。