AI化が進むなかで、論理的思考を身につけておくことはとても大切。社会人の素養としても必須の数学的思考を育てるパズルで、「できる脳」を育てましょう。単なる知識を超え、論理的思考力と柔軟な発想力を鍛えるパズルに、ぜひ挑戦してみてください!

※この記事は『頭のいい小学生が解いている算数脳がグンと伸びるパズル』(松永暢史・星野孝博/KADOKAWA)からの抜粋です。


下の枠(わく)の中で、点をつないでできる正方形は、 全部で何個あるでしょう。

点は何個でもつなぐことができます。 ただし、同じ大きさでも、つなぐ点がちがえば、別の正方形として数えてください。

正方形は全部で何個!?発想力、認識力、注意力を鍛えるパズル 算数脳(12)【連載】 画像(1/2) 正方形は全部で何個!?発想力、認識力、注意力を鍛えるパズル 算数脳

☆大きさで分けて数えましょう。

(スクロールすると答えがあらわれます)
















【答え】20個

正方形は全部で何個!?発想力、認識力、注意力を鍛えるパズル 算数脳(12)【連載】 画像(3/2) 答え

解説

このような問題を出すと、ほとんどの小学生は実際に点をつなぎ、正方形を描きながら数えていきます。すると、どれを数えたかがわからなくなり、何度か数え直すうちに、どこかでミスをして正しい答えにたどり着けません。

それほど頭をひねる問題でもないのですが、これを解くには、

(1)どういう手順で数えるかという発想力

(2)形を見つけ出す図形の認識力

(3)正確に答えを導き出す注意力

という3 分野の能力が必要なのです。


数え方は思いついたけど形を見落としてしまった人は、(2)の図形認識力が不足していますし、形はすべて見つけたけど数を間違えた人は、(1)の発想力や(3)の注意力が不足していることになります。

また、今回4×4の点なので、力技で数え切った人もいるかと思いますが、5×5の点になると、おそらく無理になるでしょう。形は10 パターンで、合計50 個になるので、こちらにも挑戦してみてはどうでしょうか。