食い違う容疑者の自白、夫を殺した犯人は?<藪の中>(中編) オチがすごい文豪ミステリー(7)【連載】

#趣味 

江戸川乱歩に太宰治、泉鏡花…文豪達が放つ「オチがすごい」ミステリー!

「人間椅子」「犯人」「瓶詰地獄」「外科室」……。江戸川乱歩に太宰治、泉鏡花など日本人が熱狂した文豪たちによる、珠玉のミステリーが超訳マンガに!

「オチがすごい」の観点で選び抜かれたラインナップを、読みやすい超訳マンガにしてぎゅっと詰め込みました。ドキドキ、ハラハラ、まさかのオチ。鬼才たちによる読者をダマす超絶技巧、存分に味わってください。今回は第7回目です。

【画像を見る】文豪たちによる、珠玉のミステリーが超訳マンガに!









編=朝霧カフカ マンガ=石川オレオ

この記事に共感したら

Information

単行本情報はこちら『超訳マンガ×オチがすごい文豪ミステリー』

江戸川乱歩に太宰治、泉鏡花…文豪達が放つ「オチがすごい」ミステリー!


▼単行本情報はこちらから



編:朝霧カフカ
シナリオライター。「文豪ストレイドッグス」「汐ノ宮綾音は間違えない。」「水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話」(全て株式会社KADOKAWA)のコミックス原作を手がける。

マンガ:石川オレオ
漫画家。LINEマンガ『黒脳シンドローム』にてデビュー。同作品はLINEマンガで連載閲覧回数がミステリー・ホラー部門第1位となり、注目を集める。

▼掲載話一覧はこちら/コミックエッセイ劇場

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //