夫が大嫌いなのに…「夫の機嫌を損ねない」のが行動基準 離婚してもいいですか? 翔子の場合(4)【連載】

#くらし 

どこにでもある普通の家庭。

子どもにも健康にも恵まれ、何不自由なく暮らしている。ように見える。

でも実は、それは家族の誰かが取り繕うのがうまいだけかも……。

 

主人公は、毎日夫のためにちゃんとした食事を用意し、掃除や洗濯をして1日を過ごす。

でもそれは決して「愛しているから」「大切だから」なんて理由じゃない。

「機嫌を損ねたくないから」「怒られたくないから」。

だから彼女は、今日も心を無にして家事をする――。

あなたの家庭は、どうですか?

 

雑誌『レタスクラブ』での大好評連載&ネットで話題を呼んだコミックエッセイの11話までをリバイバル連載!

今回は第4話です。

 


 


この記事に共感したら

Information

『離婚してもいいですか? 翔子の場合』、気になる続きのまとめ読みはこちら!

『離婚してもいいですか? 翔子の場合』
離婚してもいいですか? 翔子の場合


雑誌『レタスクラブ』に連載された内容に加え、なぜこの人を夫に選んだのか、その「理由」と翔子の娘・花の5年後を描いた「花のつぶやき」2編の描き下ろしも特別収録。全208ページでお届けする待望の単行本です。
▼単行本情報を見る

著者:野原広子
神奈川生まれ。コミックエッセイプチ大賞受賞。出産を機に、フリーのイラストレーターとして活躍。山登りが好き。著作に『娘が学校に行きません』『ママ、今日からパートに出ます!』『離婚してもいいですか?』(KADOKAWA)など。


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //