顔のことで悩んで約10年。ついにこの日がやって来た 整形に行った話(7)【連載】

#くらし 

「整形して人生変えたい。自分を好きになりたい」

幼少期から10年以上、ブサイクな顔に苦しんできた日々。そんな人生を変えるために選んだのが、「整形」だった――生きづらい人生の葛藤と解放を描いた、衝撃のノンフィクションマンガ。

ブサイクは整形をするとどうなるのだろうか? ずっと妹とくらべてきた母、女は就職して結婚して子供を産むのが一番と長年言ってきた父、「寝てるのか~(笑)」とからかってきた同級生の男子、「目、開いてる~?」といじってきた上司。

頭では人は人、自分は自分、とわかっていても心がついて来なくて辛かった日々だった。

ブサイクだった自分が、ブサイクと向き合って、整形して歩んできた人生をありのままに描いた『自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話』から全9回をお届け! 今回は第7回目です。

【全画像を見る】『自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話』










作=愛内あいる

この記事に共感したら

Information

単行本情報はこちら『自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話』

「整形して人生変えたい。自分を好きになりたい」
幼少期から10年以上、ブサイクな顔に苦しんできた日々。そんな人生を変えるために選んだのが、「整形」だった―― 生きづらい人生の葛藤と解放を描いた、衝撃のノンフィクションマンガ。


▼単行本情報はこちらから



著者:愛内あいる
著者:愛内あいる
愛知県出身。ゲーム誌「ぴこぷり」(KADAKAWA)にて「クマ・トモ」を連載中。本作が書籍デビュー作。お寿司とお作とずんだ、ほうじ茶のお菓子が好き。

Twitter:@aiuchi_airu

▼掲載話一覧はこちら/コミックエッセイ劇場

おすすめ読みもの(PR)