「高級ホテルのような香り」⁉ 日本市場に合わせて作られた「ファブリーズ ナチュリス」開発秘話【インタビュー】 画像(1/3) まるでフレッシュハーブがのようなすがすがしさ

ナチュラル志向の女性が増加する中、今まで以上に“質の高さ”“ナチュラルさ”にこだわった新しい消臭・除菌スプレー「ファブリーズ ナチュリス」。2019年3月2日からオンラインで先行販売され、早くも「高級ホテルにあるような良い香り」「自然な香りがする」と人気を得ています。4月上旬には、全国で発売される予定です。


「ファブリーズ ナチュリス」には日本人の好みに合わせて開発された「レモングラス&ジンジャー」と「ミントリーフ&ジュニパーベリー」の2種類の香りがあり、どちらも100%自然由来の香りを使用。また、従来のファブリーズ同様、自然界で育ったトウモロコシ由来成分でイヤなニオイをしっかりキャッチして閉じ込めます。ニオイの原因菌も99.9%除菌してくれます。


そんな「ファブリーズ ナチュリス」は、どのように開発されたのでしょうか。P&Gの広報担当者に、開発秘話や消費者の意見、感想を聞いてみました。


まずこの商品を開発した背景には、「ストレスのある忙しい毎日だからこそ、丁寧な暮らしを求め、自分らしい価値観を大切にし、よりナチュラルにこだわりたいお客様が多い」というP&Gによる調査結果がありました。この“よりナチュラルに”という思いに応えるため、改良を重ね、ファブリーズ史上初の“100%自然由来の香り”が実現されました。つまり世界的なメーカーであるP&Gは、日本市場にあわせてこの新商品を開発し、世界に先駆けて日本で発売となったのです。


開発にあたり非常に苦労したというのは、100%自然由来の香りをいかすために、立ち上がりに感じる香りから余韻までを、限られた種類の香りのなかで組み立てなければいけなかったこと。さらに今回の香料の元となる自然素材は季節や気候に左右されるため、それをいかに確保するか。また香りだけでなく消臭・除菌効果をどう両立させるかなど、自然由来の香料ならではの越えなければいけないハードルも多かったそうです。しかしそのすべてに妥協せず取り組んだことで、従来のファブリーズとは違う新しい製品が誕生したのです。


事前に行なわれたモニター調査で実際に使用した人は、「いつもつけているオイルに近い香り、服につけても違和感がない」「香りを楽しむ感じで、香水として使ってもいいかも」と大絶賛。自然ならではの香りを楽しんでいるよう。ボトルデザインについても「大人っぽい!いつものファブリーズと違う感じでおしゃれ感がある」「これならリビングに置けます!」と“インテリアにもなる消臭・除菌スプレー”として喜ばれています。毎日使うものだからこそ、見えるところに置いておいてもおしゃれ感がある、というのも嬉しいポイントです。


「丁寧な暮らしを求める多くのお客様にお試しいただけましたら幸いです」と広報担当者よりコメントも。慌ただしい毎日に潤いを与えてリフレッシュするためにも、こういった“お気に入り”になり得るものがより必要な時代になってきているのかもしれません。まだ「ファブリーズ ナチュリス」未経験の方、ほかとは違う100%自然由来ならではの香りを、空間を、経験してみませんか?


「高級ホテルのような香り」⁉ 日本市場に合わせて作られた「ファブリーズ ナチュリス」開発秘話【インタビュー】 画像(3/3) ファブリーズ ナチュリス レモングラス&ジンジャー

▲「ファブリーズ ナチュリス レモングラス&ジンジャー」

「高級ホテルのような香り」⁉ 日本市場に合わせて作られた「ファブリーズ ナチュリス」開発秘話【インタビュー】 画像(6/3) ファブリーズ ナチュリス ミントリーフ&ジュニパーベリー

▲「ファブリーズ ナチュリス ミントリーフ&ジュニパーベリー」


文=きこなび(月乃雫)