【クイズ】一番大きなダイヤモンドは何カラット? 頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学(59) 画像(1/1) 一番大きなダイヤモンドは何カラット?

「一晩置いたカレーがおいしくなるのはなぜ?」「ポン酢のポンってなに?」…というような学校では教わらないけれど子どもに話したい雑学を集めました!

子どもが思わず「パパ、ママ、すご~い!」と言ってしまう「おもしろ知識」「生活の知恵」が盛りだくさんの『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』から、第59回目をお送りします。


◇ ◇ ◇

最大のダイヤモンドは何カラット?

日本でダイヤモンドが婚約指輪などに使われるようになったのは戦後になってからである。現在、婚約指輪の主流は0.3〜0.4カラットのダイヤ。カラットとはダイヤの質量を表す単位で、1カラットは0.2グラムに相当する。地中海東部などで古代から分銅として使用されたイナゴマメの種子の重さがそのルーツである。

世界最大のダイヤは、1905年に南アフリカで採掘された3106カラットのダイヤモンド原石。南アフリカ政府がイギリス国王エドワード7世の誕生祝に送ったこのダイヤは、9個の大きな石と96個の細かな石に切り分けられた。その中でも最大のサイズ(530.20カラット)を誇る「カリナンⅠ」は通称「アフリカの星」と呼ばれ、現在はロンドン塔に収められている。

ちなみに、研磨したダイヤで最大のものは、タイ王室が所有する「ゴールデン・ジュビリー」(545.67カラット)である。

また、実際に手に入れることは不可能だが、宇宙には想像を絶する大きさのダイヤの原石もある。2004年にアメリカの天文チームが見つけたのは、地球から50光年離れたところにある直径4000キロのダイヤの塊でできた星。ビートルズの歌「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンズ」にちなんで「ルーシー」とも呼ばれるこのダイヤの星は、カラットで試算すると、1の後ろに0が34個並ぶ。

天文チームの科学者の一人は、ユーモアたっぷりに語っている。「この巨大なダイヤで恋人のハートは確実に射止められる。だが、値段も天文学的な数字になるのでご注意を」と。