12キロ先の鉱山に毎朝4時起きで通勤していた祖父の話 心臓が止まった私(12)【連載】

#くらし 

臨死体験、それはある日突然やってきた。

オタク活動を精力的に行うオタク女子・弾正よしかげ。

心臓が止まったのは、夜中ひとりっきりの時だった……。

読みたいマンガの続き読んでない、同人原稿を机に置きっぱなし、この世に未練しかない! ツイートし、またたく間に話題に!

笑いあり、涙ありの臨死体験コメディー『心臓が止まった私と余命3ヶ月の祖父』から全16回をお届け! 今回は第12回目です。

【画像を見る】心臓が止まった私と余命3ヶ月の祖父







作=弾正よしかげ

この記事に共感したら

Information

単行本情報はこちら『心臓が止まった私と余命3ヶ月の祖父』

ハードな人生を底抜けに明るく生きるオタク女子を育てた、祖父との愛おしい日々。笑えるのに泣ける、ノンフィクションコメディー!!


▼単行本情報はこちらから



著者:弾正よしかげ
著者:弾正よしかげ
岡山県出身、自身の高校時代の経験をもとに描いたフィクション『ぼくたち保育科高校1年生』(全3巻・集英社)にてデビュー。焼きのりが好き。
Twitter:@necoguruma3

▼掲載話一覧はこちら/コミックエッセイ劇場

おすすめ読みもの(PR)