カレーのシミは天日干しすると消える!? “洗濯ソムリエ”が伝授する意外と知られていない洗濯の常識 画像(1/2) ティッシュを洗ってしまった時の対処法は?

家庭から毎日出てくる洗濯物をキチンと洗えていますか?

今年3月放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)に洗濯ソムリエ・松延友記さんが登場。

意外と知られていない“洗濯の常識”が紹介され、話題を呼んでいます。


カレーのシミは天日干しすると落ちる!?

番組では、“洗濯にまつわる〇×クイズ”を開催。

“洗濯物にこびりついたティッシュは衣類が渇いてから取るべき?”という問題が出題されました。

このクイズの答えは“×”です。

衣類を乾かしてティッシュを取ろうとすると、時間がかかって逆効果。

衣類が濡れたままキッチン用スポンジで優しくこすれば、簡単にティッシュを取ることができます。


続いて出題されたのは、“カレーのシミは天日干しすると良い?”というもの。

このクイズの答えは“〇”でした。

カレーの汚れを落として、シミだけが残った衣類には天日干しが有効。

紫外線には色素を分解する作用があるため、天日干しするとカレーのシミの色素が分解されて見えにくくなるそうです。

しかしこの方法はカレー以外にほとんど効果がなく、スタジオの松延さんは「クルクミンと呼ばれる色素に紫外線が反応するといわれています」と教えてくれました。


最後に登場したのは、“干す前にタオルを振るのは正しい?”という問題。

こちらは“〇”が正解です。

洗濯後のタオルは、表面にある“パイル(ループ状の繊維)”が寝た状態。

パイルが寝たままだと、肌触りがゴワゴワになってしまいます。

タオルを干す前は、半分に折って上下に10回ほど振りましょう。

振ることで乾いた時、パイルが起きた状態になってタオルがフカフカになります。


これらの洗濯の裏技に、視聴者からは「子どもがポケットにティッシュを入れたままにしてて、洗っちゃうこと多々ある。濡れたままの方がよく取れるのね!」「カレーのシミが紫外線で消えるの初耳!」「洗濯の常識タメになった! こういうすぐに試せる裏技どんどんやって欲しい」などの声が上がっていました。


繰り返し着ている服は「セーター・ニット」が1位に!

カレーのシミは天日干しすると消える!? “洗濯ソムリエ”が伝授する意外と知られていない洗濯の常識 画像(3/2) 【写真】人の服が気になった時どんなこと思ってる?

以前「株式会社サンケイリビング新聞社」と「ライオン株式会社」が、働く女性を対象に「洗濯」に関するアンケート調査を実施。

“洗わずに繰り返し着ている服”などの実態が明らかになっています。


まず「頻繁には洗わずに、繰り返し着ている服はありますか?」と質問。

その結果、実に74.0%が「はい」と回答したことがわかりました。

「はい」と回答した人に「繰り返し着ている衣類の種類」を聞いたところ、「セーター・ニット」が68.1%で1位。

2位は「デニム類」(56.3%)、3位は「カーディガン類」(48.9%)という結果に。


続いて、「人の着ている洋服を見て気になること」を調査。

「毛玉」(61.5%)、「しわ」(52.2%)、「TPOに合わない服」(48.5%)という回答が上位になっています。

「人の着ている洋服が気になった際、どのような印象を持つか?」を聞くと、「だらしなさそう」(69.6%)、「清潔感がなさそう」(68.5)といった項目に回答が集中しました。


忙しい毎日でも洗濯は欠かせないもの。洗濯テクニックを活用して、満足のいく仕上がりを目指したいものですね。