生活感が漂いがちな「洗面所」をホテルライクな空間に変える整理術

#くらし 

空いた時間に住まいをすっきり模様替えしたい!とはいえ面倒なことは無理だし……。そんなときにぴったりの、早くて、安くて、効果大の“ちょっと変えアイディア”をご紹介。“生活感が漂いがち…”というお悩みが多い洗面所を、少しの工夫でセンスと使い勝手をアップさせるテクを、整理収納アドバイザーの村上直子さんに教えてもらいます。

Before:慌しさがにじみ出る洗面所。もっとすっきり、おしゃれにしたい


慌ただしさがにじみ出る洗面所。 もっとすっきり、おしゃれにしたい


朝の忙しい時間帯は家族の歯ブラシが散らかり、ヘアブラシやドライヤーも出しっぱなし。清潔感がありません。もっとすっきりさせたいしおしゃれ感も出したいのですが……。

【お悩み】

その1 色がばらばらだからよけい散らかって見える家族の歯ブラシ。

その2 忙しいと扉の中にしまうのも面倒なドライヤーやブラシ。

“しまう”と“出す”をチェンジしてホテルライクに


生活感が出やすい歯ブラシやゴミ箱などはしまって。試供品はしまい込まず、ふたつきの入れ物を活用してすぐ使える所に出しておきましょう。“しまう”と“出す”をチェンジ&収納ルールを守ると、すっきりしたホテルライクな空間をキープできます。

【写真を見る】After:ちょっと変えで、ホテルのような空間に!


【お助けアイテム】ウォールポケット

壁面を収納スペースにしたいとき便利。壁に跡が残りにくいピンフックをつけてつるすだけ。出し入れしやすいのも◎。大きめのポケットで、ドライヤーやブラシなどの収納におすすめ。フェイクのグリーンも入れるとおしゃれ。

■今回使用したのは:STOCK SERVICE POCKET-SHORT NATURAL(縦65×横74㎝)/ VOIRY

STOCK SERVICE POCKET-SHORT  NATURAL(縦65×横74㎝) 4,800円


【テク01】コップと歯ブラシは収納すると見た目すっきり

洗面台に置きっぱなしだと雑然と見える歯ブラシやコップはしまう。歯ブラシ台の下がぬれないように100均の珪藻土(けいそうど)タイルを敷いて。

歯ブラシやコップは鏡裏の収納に“しまう”


【テク02】ふたつきの箱なら出しっぱなしでも

試供品はしまうと使わないから、手が届く場所に置いてどんどん使って。ふたつきの箱なら、パッケージのばらつきも気にならない。

メラミンスポンジもふたつきの器に入れて出しっぱなしに。洗面所を使ったら、メラミンスポンジでぐるっとひと拭き。このひと手間が無理なく続くのは、ベストな位置にスポンジがあるから。

試供品やメラミンスポンジは“出す”


【テク03】ゴミ箱は扉内に収納すればノイズ感ゼロ

収納スペースがあるなら、ゴミ箱もしまうのがおすすめ。ふたなしのゴミ箱なら、ぽいっと投げ入れるだけでストレスもなし。

扉をあけたらポイッとワンアクションで完了


収納場所や収納グッズをちょっと変えるだけで、ごちゃごちゃしがちな洗面所もホテルのようにすっきり! 思わず掃除したくなる空間に変わりますね。

撮影=大森忠明 編集協力=宇野津暢子

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:村上直子さん
整理収納アドバイザー、インテリアスタイリスト。無理なく長続きする整理収納のノーハウが人気で、グリーンや雑貨の飾り方、もの選びのアドバイスも行なう。不定期で自宅サロンを開催、HPのオンラインショップ『FREE』では雑貨の販売も。


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //