GWだからって遠出しなくてもOK! いつもの公園を全力で1日楽しみ倒す方法

#くらし 
いつもの公園で楽しみ尽くす!


大型連休はうれしい一方で、どこも混んでいるし高い…というホンネも。かといって、いつもの公園に遊びに行くのもマンネリだし…と悩んでいるママたちに、ピクニック気分で遊び尽くすアイディアをフリー編集者の東 麻吏さんが教えてくれました!

公園は自然を感じられるリビングとして活用!


子どもは遊具で遊び、大人はそれを見守る。そんな姿を公園でよく見かけますが、親子ともに時間を持て余してしまいますよね。「きょうは親も一緒に楽しもう!と腰を据えて、食材や遊び道具をバッグに詰め込んでお出かけを」と東さん。「見慣れた公園でも、視点を変えて遊ぶと改めて自然を感じることができます。また、絵本を読んだり絵を描いたり、家の中での遊びを公園でしてみてください。新鮮で気持ちがいいですよ!」。

午前中はネイチャーゲームにトライ!


山や高原に出かけなくても、近所の公園にも木々や草花の自然がいっぱい。シンプルだけど奥深く、簡単でどこでもできるゲーム「カメラゲーム」をご紹介。自然と触れ合うきっかけに、ぜひ親子で遊んで。

【カメラゲーム】

【写真を見る】簡単でどこでもできるカメラゲーム


1. 子どもがカメラにふんして撮影&現像する遊び。子どもに目隠しをし、見せたい風景に連れ出して。

肩をポンとたたいたら撮影開始


2. 決めた場所にたどりついたら肩をポンとたたく合図で目をあけ、3秒間風景を見てもらいます。

3秒後に、もう一度肩をたたいて撮影終了


3. 親がもう一度子どもの肩に手を当てたら目を閉じて、心のシャッターを切ってもらいます。これで撮影が完了!

さあ、どんな風景が〝心のカメラ〟に写っていたかな?


4. 心のシャッターを切った風景は絵に描いて現像。木の幹や葉などがどう表現されるかが見どころ。

ランチにお弁当は不要! お湯とフリーズドライ食品でOK


早起きしてお弁当作りをがんばらなくてもOK


「ランチは手をかけず、ピクニックのハードルをとことん下げて。そこでおすすめは、フリーズドライ食品とお湯のセット。外で手軽にあったかいスープや食事、コーヒーを楽しめます」

おやつは〝外でフルーツをカット〟。それだけで特別感アップ


ママにも作ってあげるね♪と子どもも大喜び


「子どもにフルーツをカットしてもらって、ヨーグルトやチョコソースをかけたり、ジュースに入れたりすれば、立派なスイーツが完成! バターナイフなら、子どもが使っても危なくないので安心です」

ヨーグルトをかけるだけでもスイーツ感がアップ


午後は、いつもの遊びを空の下で


おなかもいっぱいになった午後は、のんびりと子どもと絵本を読んだり、お絵描きタイムに。「特に絵の具やクレヨンを使うお絵描きは、壁や床が汚れる心配もなく、寛大な気持ちで見守れます(笑)」。

紙から絵の具がはみだすのを気にせず、のびのび描いてね!


特別な道具やおもちゃ、さらにお弁当も不要! 視点を変えて遊ぶだけで、いつもの公園もグッと新鮮に感じますよ。

撮影=砂原 文、加治枝里子(カメラゲーム) 編集協力=田中理恵

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:東 麻吏さん
フリー編集者。8歳の娘のママ。著書に『母と子のためのハイキング&キャンプ』( 地球丸)があり、さまざまな外遊びを提案。


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //