『君の名は。』の新海誠監督の最新映画『天気の子』、公開前日の7月18日に小説が発売に! 画像(1/1) 『小説 天気の子』(角川文庫)

映画も大ヒット、さらに累計発行部数170万部を突破した大ベストセラー『小説 君の名は。』から3年。映画『天気の子』の原作小説である『小説 天気の子』が、映画公開日の前日7月18日(木)に角川文庫から発売されることとなりました。

この最新作『小説 天気の子』は前作と同じく新海誠みずからが執筆。また発売に際し、初回限定特典が付くことが決定しました。初回限定の書籍カバーの裏には、購入した人へ向けて新海誠のメッセージ&サインが印字されているというレア仕様!

さらに8月下旬頃都内にて開催予定の限定イベントへの参加券や、シリアルナンバー&新海監督のサイン入り特別版『小説 天気の子』(文庫サイズのハードカバー)などが当たる抽選券が付いてきます。

そんな初回限定特典付きの『小説 天気の子』をいち早く手に入れたい読者に向けて、全国書店・ネット書店で事前予約受付中です。

先日解禁された予告篇が早速話題となり、日本だけでなく世界が注目する『天気の子』。映像の美しさだけでなく、文章表現も美しい新海誠の世界をぜひ小説でも楽しんでみて。


◆あらすじ

東京にやってきた家出少年・帆高は、不思議な力を持つ少女・陽菜と出会う――。天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。