天龍源一郎さん&椿鬼奴さんのしゃがれ声を改善!? プロが教える美声トレーニング 画像(1/2) 声帯のストレッチ運動で美声をGET!?

普段の喋り声やカラオケなどで、ふと自分の「声」が気になることはありませんか?

時に「声」は、見た目以上に他人の印象に残るもの。

「もっと上手に歌えるようになりたい」「美声になりたい」と憧れを抱く人も多いはず。

そこで今回は、美声作りのスペシャリストが教える“ボイストレーニング”を徹底伝授しましょう。


ボイストレーナーのミニー・Pさん直伝の美声テクニックとは?

3月22日放送の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)には、しゃがれ声で有名な天龍源一郎さんと椿鬼奴さんがゲスト出演。

ふたりのしゃがれ声を改善すべく、ボイストレーナーのミニー・Pさんがボイストレーニングを指導してくれました。


ふたりが上手く声を出せない原因は、声帯が上手く閉まっていないため。

天龍さんは長年蓄積された喉のダメージで、椿鬼奴さんはタバコやお酒によって声帯が上手く閉まらなくなっているそう。


そこでふたりの声帯を改善するため、声帯のストレッチ運動を敢行。

この運動は正しい姿勢をとることが大切で、まず恥骨を上に向けるようなイメージで立ちます。

骨盤をしっかり安定させ、上半身はリラックス。

さらに“通る声”を出すには、口を縦に大きく開けるのもポイントです。


ミニー・Pさん曰く“肩甲骨を緩めると声が出しやすくなる”そうで、天龍さんと椿鬼奴さんは肩を回しながら発生練習をしていきました。

発声は「あ~え~い~お~う~」を唱えるごとに、1音ずつ上げていきましょう。


ちなみに高音が出しづらい人は、“重心を下げながら発生する”と高い音が出しやすくなります。

実際にこの歌い方は、歌手のMISIAさんやDREAMS COME TRUE・吉田美和さんも実践しているとのこと。


発生練習を行った結果、ふたりのしゃがれ声に変化が。

椿鬼奴さんは今まで出なかった高音が出るようになり、天龍さんのしゃがれ声も聞きとれるほど改善されました。

この結果には番組視聴者も、「天龍さんの声が聞きとれる日がくるなんて!」「短時間で音域拡張できるのは凄いかも」「ここまで変わるなら私もやってみようかな」といった声が相次いでいます。


“裏声”を出しやすくする練習法

天龍源一郎さん&椿鬼奴さんのしゃがれ声を改善!? プロが教える美声トレーニング 画像(3/2) 【写真】裏声のボイトレでカラオケがより楽しくなる!?

美声を手に入れるための“ボイストレーニング”は他にも。

羽毛ふとんのパイオニア「東洋羽毛工業株式会社」のYouTube公式チャンネルには、約15分間の“ボイストレーニング動画”が掲載されています。

今回は、その中のひとつ「裏声を出しやすくする練習」をご紹介。


まず人差し指で鼻を押さえて、鼻に音が響きやすい状況を作ります。

そして歓声を上げるイメージで「ウゥー」と言いながら、音を出しましょう。

低音から始めても問題ありませんが、できるだけ高い音を出すよう意識してみて下さい。


この時、「ウゥー」と上手く出せればOK。

上手く鳴らなかった場合は口をすぼめたり、鼻を押さえる位置を変えていきます。

音が綺麗に鳴ったらそのまま指を鼻から外し、音質が変わらないかどうかを確認。

指を外したまま、音を上下しても音質が変わらなければ練習成功です。


少しの努力が美声を手に入れるチャンスになるかも。「高音が出ない」「音域が狭い」などのお悩みを抱えている方は、ぜひプロ直伝のボイストレーニングに挑戦してみてはいかが?