最近、すっかり定番となった“家飲み。”ビール、ワイン、焼酎……と、さまざまなアルコールがありますが、特に、スッキリみずみずしい味わいで気軽に飲める缶入りチューハイは、日々の“家飲み”にぴったりですよね!


ところで、缶チューハイといえば、レモンとグレープフルーツが人気の2大フレーバー。「私はレモン派!」「私はグレフル派!」と、みなさん、こだわりがありそうですが、果たしてその実態は…!? 

今回、キリンビール株式会社が、レモンとグレープフルーツに関する大規模調査を行いました(2019年3月18日<月>~21日<木>。全国47都道府県の出身地別に男女各100人、計9,400人を対象)。このような全国調査は、おそらく日本初の試みとのことで、そこには興味深い結果が…。さっそく「氷結(R)Presentsレモン&グレープフルーツ白書」を見てみましょう!


レモン3,932票:グレフル5,468票。1,536票差で、グレフルに軍配!

まず、「果物のレモンとグレープフルーツのどちらが好き?」という質問には、レモン好きが41.8%、グレフル好きは58.2%を獲得し、グレフルが勝利! 私は、レモン派が圧倒的に多いと思っていたので、これはちょっぴり意外でした。

あなたはレモン派? グレフル派? 日本初の果物対決を全国調査! 画像(1/8) グレフル好きが1,536票の差をつけて勝利!
あなたはレモン派? グレフル派? 日本初の果物対決を全国調査! 画像(3/8) 【画像】レモンの生産県に多いレモン派、なぜか東北地方に多いグレフル派という結果に

レモン派が多い“レモン県”は愛媛県、高知県が同率トップ、次いで広島県の順となりました。愛媛県や広島県などは国産レモンのトップ生産地。ふるさとの風景や地元の味とリンクしている様子がうかがえます。


あなたはレモン派? グレフル派? 日本初の果物対決を全国調査! 画像(6/8) レモン県は愛媛県、高知県、広島県がトップスリー
あなたはレモン派? グレフル派? 日本初の果物対決を全国調査! 画像(10/8) レモン県の23~47位のランキング

好きな理由には以下のような声が上がりました。

・食べ物にかけるとさっぱりしておいしい(愛媛県)

・揚げ物、サラダ、なんにでも合う(愛媛県)

・さわやかな酸味が好きだし、料理やお菓子にも地元のレモンは色々使えるから(広島県)

・ビタミンが豊富でアルコール類に混ぜて飲むのもいい(広島県)


一方、グレープフルーツ派が多い“グレフル県”は、東北勢が上位を独占! 岩手県をトップに、2位が同率で宮城県、山形県、福島県の順となりました。


あなたはレモン派? グレフル派? 日本初の果物対決を全国調査! 画像(15/8) グレフル県は東北勢が1位と2位を独占!
あなたはレモン派? グレフル派? 日本初の果物対決を全国調査! 画像(21/8) グレフル県の22位~46位のランキング

その理由には以下のような意見があがりました。どうやら、グレープフルーツ独特の香りと酸味が東北人の味覚とマッチするようですね!

・さわやかで酸っぱすぎず食べやすい。お酒などでもよく選ぶ(宮城県)

・苦味が少しありますがそれも含めて大好き(山形県)

・ビタミンなどもたくさんあると聞き、肌にもよさそう(福島県)

・大きくて食べごたえがあり、低カロリーなのに満足感がある(岩手県)


レモンとグレフルを使う好きなメニューの1位、2位は…どちらも「チューハイ」!

それぞれに味や風味が異なり、甲乙つけがたいレモンとグレープフルーツですが、これらを使った最も好きなメニューを聞いたところ、レモンは2位、グレープフルーツ1位にチューハイが仲良くランクイン。やはりこの2つはチューハイ界の不動の人気フレーバーだということがよくわかりました!

あなたはレモン派? グレフル派? 日本初の果物対決を全国調査! 画像(28/8) レモンとグレープフルーツはチューハイで楽しむ人が多くいました

「氷結(R)Presentsレモン&グレープフルーツ白書」、いかがでしたか? ふだん何気なく飲んでいるレモンやグレープフルーツの缶入りチューハイですが、改めて数字で見てみると、面白いですね!


「氷結(R)」では2大フレーバーであるレモンとグレープフルーツの人気No.1を決める「氷結(R)No.1決定戦」を実施中だそうです。「氷結(R)」は、果汁本来のみずみずしさとすっきりクリアな飲み心地が、さわやかな春の季節にぴったり。レモン派も、グレフル派も、自分の好きなフレーバーに投票してみては?



文=岡田知子(BLOOM)