目にするだけで誰もがハッピーになれる虹。おいしいものでも、見て楽しいレインボーカラーが人気です。思わず写真に収めたくなるような“映える”フードがあれば、みんなが笑顔になること間違いなし!

御菓子つちやの「みずのいろ」

1755年創業の老舗が店を構えたのは、地下水に恵まれた「水の都」と称される岐阜大垣。その水が映す空や木々を表現したお菓子は、砂糖と寒天から作る伝統菓子「干錦玉」を薄く仕上げ、カモミールやスペアミントといったハーブで風味をつけています。繊細なため発送不可、予約制。

ハンパない“映え”っぷり! どんより気分をアゲてくれるレインボーカラーのスイーツ&フード 画像(1/5) 繊細な味わいのお菓子に 水に映る景色を閉じ込めて。10枚入り 1,200円

NEW NEW YORK CLUBの「レインボーカラーベーグル」

ニューヨークスタイルの本格ベーグルが10種類以上も揃うショップの中でも、インパクト絶大な一品。生地を色づけして重ねて成形、という手間をかけて仕上げるカラフルなベーグルは、土日祝のみ店頭に並びます。味わいはプレーンなので好きな具材をプラスして。

ハンパない“映え”っぷり! どんより気分をアゲてくれるレインボーカラーのスイーツ&フード 画像(3/5) 【写真を見る】話題のポップなベーグルは パーティーフーにドも◎ 。各378円(税 込み)

和菓子 八洲の「七色鈴もなか」

世田谷区等々力で創業70年を超える和菓子店の名物は、等々力渓谷で出土した青銅製の鏡「七鈴鏡」にちなんで作られた、鈴形もなか。それぞれに粒あん、白ごま、黒ごま、黒糖、抹茶、ゆず、さくらと7種類のあんが入っています。一口サイズなので、食べ比べしながら1個2個と手が伸びてしまうはず。

ハンパない“映え”っぷり! どんより気分をアゲてくれるレインボーカラーのスイーツ&フード 画像(6/5) どの色の鈴にする?  7つの味が楽しいもなか。14個入り 2,053円(税込み)

TOTTI CANDY FACTORYの「レインボーカップわたあめ」

東京・原宿と大阪・アメリカ村に店舗を構えるスイーツショップ。SNSでも注目の的になっているのが、キュートなカラーの綿あめです。口の中でふんわり溶けつつ、いちごやメロン、ソーダなどのフレーバーが広がります。5色の見た目が楽しめる透明カップ入りなので、プチギフトにもオススメ。

ハンパない“映え”っぷり! どんより気分をアゲてくれるレインボーカラーのスイーツ&フード 画像(10/5) パステルカラーに乙女心がキュンとします。40g 600円(税込み)

AWORKSの「レインボーチーズケーキ」

ショーケースにずらり並んだ、オリジナリティあふれるチーズケーキが人気のカフェ。オーナーは、チーズプロフェッショナルでありチーズケーキ研究家である船瀬洋一郎さん。店内ではレモンを添えて提供されるレインボーチーズケーキ。まずはチーズのコクを味わい、それからレモンを絞り、爽やかさをプラスして楽しんで。

ハンパない“映え”っぷり! どんより気分をアゲてくれるレインボーカラーのスイーツ&フード 画像(15/5) 写真に撮ってから 召し上がれ、フォトジェニックケーキ。 各550円(税込み)

インスタにアップするのはもちろん、手土産やママ会の差し入れにしても、大注目されること請け負い! どよよんとなりがちな梅雨どきこそ、カラフルフードで気分をパッと明るくして。


撮影=安井真喜子 スタイリング=中村弘子 編集協力=入谷奈穂