みるみる部屋がキレイになる! 毎日できる「片づけトレーニング」

#くらし 

知らない間に余分なものをどっかりため込んでしまうのは、カラダもお家も同じ。お家をデトックスさせるために、毎日できる簡単トレーニングに挑戦! 『片づけ収納ドットコム』編集長のさいとうきいさんレクチャーのもと、片づけの基礎=体幹をしっかり強化して、みるみるスリムになりましょう。

体幹トレ1:ものを納める“枠”を決めるべし


自分以外の家族がものを散らかしたままの状態は、ストレスのもとです。「ものの量をコントロールするには、目に見える“枠”を設けるのが効果的。この中に納まる分でよろしく!と伝えれば簡単なうえにお互いにストレスがなく、心地いい状態を保てます」

【夫の小物や種類はカゴにまとめる】

読みかけの書類やDM、眼鏡など、夫のものはダイニングテーブルや棚の上、時にはトイレの中(!?)などまで、散乱しがち。「ソファーや寝室などにも持ち運べるようなカゴを夫専用に設けると、散らかりが激減します」

そこらじゅうにバサーッ、ドカーッと散乱しがちな夫のものは…


【子どもの雑多なものは“何でも箱”へ】

「子どもなりに大事にしているものって、ありますよね。それらをとりあえず放り込める“何でも箱”は、本当に便利。むやみに、捨てなさい!というよりも、満杯だけど、どれを残す?と問いかけると、子どもも取捨選択しやすいようです」

【写真を見る】出しっぱなし&散らかし放題の子どもたちのものは…


★お家をスリムにする“ものシェイプアップ”テクニック1 ★

“枠”の中がいっぱいだけど、どれも捨てられないと困ったときは、すべてのものを出して広げて。

・気に入っていて、よく使うもの

・気に入っていないが、時々使うもの

・使わないが、保管しておきたいもの

・気に入っておらず、使わないもの

の4つに分類し、使わないものを浮き彫りにすると手放しやすくなります。あふれるものは、4つに分けて量をコントロールしましょう。

出典:一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会監修  「ライフオーガナイズの教科書」(主婦の友社)


体幹トレ2 ハレの日のものは後ろ、ケの日のものは前にすべし


毎日よく使っているものなのに、取り出しにくい所に置いてあったり、反対にめったに使わないものが手に取りやすい所にあったり…。「いつもと目線を変えて家を見渡し、矛盾を探して! それこそが、あなたが今強化すべきトレーニングのポイントです」

しょっちゅう着る服こそ、出し入れしやすい場所に


【よく着るTシャツはハンガーに、おしゃれ着は畳んで引き出しに】

「よく着るTシャツやカットソーこそ、ハンガーに掛けてクローゼットのセンターポジションに。出番の少ないお出かけ着は引き出しに入れ、着るときにアイロンがけを。毎日の取り出しやすさを優先するほうが、断然ストレスフリーです」

頻繁に着るわけではないおしゃれ着は引き出しに


【5枚セットのお皿。3人家族なら3枚と2枚で別々の所に配置】

お皿やコップなど、同種類のものは1カ所にまとめがちですが、「家族の人数分(よく使う枚数) だけ取り出しやすい位置に置き、そのほかは奥にしまって。空間にゆとりができるので、出し入れがスムーズです」

すっきりスリムに!


★お家をスリムにする“ものシェイプアップ”テクニック2★

捨てなくてもいい! 補整下着的ぎゅうぎゅう収納

ぴっちり詰めてOK


●季節外のものはぴっちりみちみちに!

ものを捨てずにストレスフリーを実現するには、収納箱のサイズを測り、スペースを限界まで活用すること。「おもちゃは密閉袋に入れ、季節外の小物もコンパクトに詰め込んで」

シーズンオフコーナーにきっちり収納


●年に数回も使わない調理道具はまとめて下段に

ないと困るけれど使用頻度の低い調理道具は、よく使うものと別にぎゅっとまとめてキッチン収納の隅っこに。「ものを減らさず、出番の少ないものを圧縮し、配置も工夫してみて」

“まとめて圧縮”収納もあり!


体幹トレ3 ないなら作るべし! 行き場に迷うものの置き場


家が太ってしまう原因の一つは、「とりあえず今だけ」と、何となく適当な所にものを置いてしまうこと。あなたの家では、どんなものの行き場に迷いがちですか? たとえささいなものでも、1つずつ置き場を作ることで、暮らしやすさが格段にアップ!

【テーブルに散らかりやすいお菓子類は専用の器を用意】

食べかけのお菓子は「また後で食べるから」とダイニングテーブルの隅に重ねがち。「大きめのボウルや箱を用意して一時置き場を作るだけで、散らかることなくシャープな状態をキープできます」

おしゃれにスッキリ!


【コードがぐちゃっとするモバイルの配線は目隠し】

コンセント付近は、携帯電話やタブレットなどのコードが入り乱れやすいおデブ危険地帯。「コードも端末もまとめてカゴや箱などに入れれば、携帯電話を探すストレスも見た目のごちゃつきも簡単に解決!」

カゴひとつでセンスアップ!


【いつもばさっと置いてしまう位置にバッグ置き場を設ける】

「帰宅してすぐ家事をするとき、バッグを丁寧に片づける余裕なんてありません! そこで〝つい置きがち〟なスポットにスツールやフック、カゴなどを置き、そこを収納場所にしてしまいましょう」

バッグのあるある問題も即、解消


【子ども関連の書類は専用トレイに集約させる】

子どもが学校や習い事先から持ってくるプリント類、うっかりすると別の書類に交じって見当たらない~!なんてことも。「『ここに入れてね』と明確な場所があると、親子ともども、ストレス軽減です」

子どものプリント問題もスッキリ解消


片づけの基礎=体幹を強化するだけで、みるみるお家がすっきり! これまでたまっていたストレスもどんどんなくなるはず。快適さを第一に、お家デトックスを習慣づけたいですね。

撮影=木村文平 編集協力=田中理恵 

この記事に共感したら

Information

お家デトックストレーナー:さいとうきいさん
日本ライフオーガナイザー協会運営のWEBマガジン『片づけ収納ドットコム』編集長。収納テクニックや暮らしのアイディアを提案。自身も60平米のマンションに家族3人と犬とで快適に生活。


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //