花びらが“よれている”と仕事が丁寧!? プロが教える「良い花屋」の選び方 画像(1/2) プレゼントで花束を贈る時には“向き”に注意

記念日やお祝いなどのシーンで贈られる「花束」ですが、“渡す時のマナー”は意外と知られていないもの。

5月7日に放送された「教えてもらう前と後」(TBS系)では、「お花のマナー」や「花屋の選び方」などが紹介されました。


バラの花びらを見れば“良い花屋”が見分けられる!?

花束を渡す時にポイントとなるのは、花束の向き。

まずは自分の左側に花が向くように持ち、相手に手渡すタイミングで向きを右に回転させます。

さらにこの時、花束の持ち手部分を空けておくのが相手への気配り。


続いて「良い花屋」の見極め方を教えてくれたのは、フラワーアーティストのNさん。

Nさんによると「バラの花びら」を見ることで、店の良し悪しがわかるそう。

バラの一番外側の花びらが“よれている”場合、花は新鮮で丁寧な仕事がされている証拠。

逆に外側の花びらが取り除かれたバラは、一見キレイに見えても古い可能性があります。


また「花が長持ちするか」を知りたい時は、茎の“下の方”を持ってみましょう。

茎が太い花はピンと立つのに対し、細い場合は重さに耐えられず弧を描くように倒れてしまいます。

Nさんは「花は茎が太ければ太いほど、水を吸い上げる力が強く枯れにくい」とコメント。


花にまつわる豆知識には、ネット上で反響が相次ぐことに。

「渡し方にもマナーがあったなんて知らなかった!」「バラの選び方、とっても参考になる。パッと見の印象がキレイな物を選びがちだもんね」「次にお花を買う時は、“茎の太さ”に注目します」といった声が上がっていました。


20代はプレゼントに花を買う人が多い?

花びらが“よれている”と仕事が丁寧!? プロが教える「良い花屋」の選び方 画像(3/2) 【写真】花の購入頻度や用途に関するアンケート調査!

日々の生活の中で、花を購入する機会はどれくらいあるのでしょうか。

情報流通支援サービスを提供する「株式会社オークネット」は、2018年に「花の購入に関する消費者意識調査」を実施しています。


まず「花の購入頻度」についての質問では、「週1回(6.4%)」「月1回(18.7%)」「月に2~3回(28.9%)」「半年に1回(29.7%)」「年1回(16.3%)」との回答結果が。

過去行われた調査と比較して、「月1回以上の購入は減少」「年1回程度の購入は増加」となりました。


続いて「花を購入した用途」の結果を見てみると、「自宅用(28.5%)」「プレゼント用(39.2%)」「買う機会はなかった(32.3%)」という内訳に。

中でも20代は「プレゼント用」の比率が高く、割合は50%に達していました。

なおプレゼント用で花を買う際は、「お店の方のアドバイスを受けながら自分で選ぶ(23%)」と回答した人が最も多いようです。


普段の生活を華やかにしてくれる“お花”。普段あまり買う機会のない人も、たまには花屋に寄ってみてはいかがでしょうか。