梨花さんもInstagramで絶賛!灘や開成、筑駒、桜蔭、女子学院など最難関中学に教え子を次々と合格させてきた中学受験のプロ・小川大介先生が5000組を超える家庭と面談をしてきて気づいたのは、「認める」「見守る」「待つ」ことが伸びる子どもを育てる、という事実。

京都大学法学部卒業後、予備校・大手進学塾で看板講師として活躍。2000年に中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立し、多くの親子と関わることでわかったのは「教育によさそうなもの」を多数与えられ、手とり足とり面倒を見てもらってきた子どもはかえって伸び悩む危険をはらんでいるということ。一方、親に「見守られて好きなことにとことん熱中した経験のある子ども」は、最後の最後で踏ん張り、自らの力でぐんぐん力を伸ばしていく…。

勉強しなさい!あれやったの?これやったの?つい先回りをして子どもを追い立ててしまう…という人は必見!子どもを信じ、待つことがとても大切であるということを教えてくれる『頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て』より、9回連載でお送りします。「当たり前のことを褒める」「『〜しよう』と伝える」など、誰でもいますぐ簡単にできる「見守る子育て」今回は4回目です。


頭がよくなる3原則プラス1①認める◆頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て【連載】(4) 画像(1/4) 親が頑張りすぎないほうが、子どもは伸びる!(出典:頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て)

◆◆◆◆◆


頭がよくなる「3原則プラス1」。原則①は「認める」です。


前項でお話ししたように、子どもの「自分軸」の成長を阻んでしまう親の関わり方のひとつが、否定的な態度を取ることです。

今からお話しする「認める」という関わり方は、親の望ましくない行動を減らす効果があります。子どもは「自分が思ったことを大事にしていいんだ」という安心感を得られますから、日々、いろいろなことに疑問や興味を持ち、それについて自分なりに考えるチャンスが増えていきます。


子育てにおける「認める」とは、「評価」のニュアンスではなく、「存在を認める」ということ。「私は、あなたという人が今、そこで生きていることを知っていますよ」という感覚です。

ありのままを「見て」、心に「留める」ことこそが、「認める」本来の意味なのです。


子どもの言い分をいったん聞く

具体的にはどういうことなのか、生活のシーンで考えてみましょう。

子どもがおもちゃ屋さんの前で「あのおもちゃ買って」とだだをこねているとします。まわりの人も振り返るほどに泣きわめき、ついには座り込んでしまいました。

こんなとき、あなたならどうするでしょうか。

 

「いいから早く来なさい!」と腕をつかんで引きずる。これは「押しつける」です。

「なんであなたはいつもそうなの!」と怒鳴る。これは「責める」です。

「そんなにほしいのね」と、言い分をいったん聞く。これが「認める」です。


「わかるよ、おもちゃほしいよね。どのおもちゃがほしいの? そう、それがほしいんだ……。うん。でも今日は買わないよ。はい、行こう」。

これで、子どもは立ち上がります。パッと立つわけでなくても、自分のタイミングが来れば、ちゃんと立ち上がります。


無理やり連れて行こうとしたり、怒鳴ったりすると、子どもはてこでも動かなくなります。それが、言い分を聞いてもらえると、素直に立ち上がるのです。

この違いは、「おもちゃがほしい」という自分の気持ちを一度受け止めてもらえたかどうか、たったそれだけです。

 

「おもちゃがほしい状態の自分」がそこにいることを認めてもらうことで、子どもは「自分はおもちゃをほしがってもいいんだ」「おもちゃをほしがる自分がここにいてもいいんだ」と安心します。そのうえで「自分がおもちゃをほしいという気持ちと、今日おもちゃを買うか買わないかは別の問題なのだ」と理解します。だから子どもは立ち上がるのです。


腕をつかんで引きずるのも怒鳴りつけるのも、その場しのぎの対処であって、その子の気持ちを受け止めてはいません。そのため「自分のことをわかってくれない」という不満から、いつまでも泣きわめくことになってしまうのです。

頭がよくなる3原則プラス1①認める◆頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て【連載】(4) 画像(3/4) 【画像】「おもちゃをほしがる自分がここにいてもいいんだ」と安心します

Having・Doing・Being

カウンセリングやコーチングの世界では、よく「Having」「Doing」「Being」という言葉が出てきます。


▶「Having」は、何かを持っているのを認めることです。

「高そうな時計をしていますね」「いい車に乗っていますね」と、持っているものをほめるのがHavingだとイメージしてください。確かにほめてはいますが、あくまでも相手が持っている「モノ」をほめているに過ぎません。

Having の気持ちで接すれば、「100点を取ってすごいね」という言葉も、「100点を取った子ども」ではなく「100点のテスト」がすごいという思いが伝わってしまいます。


▶「Doing」は相手の行動自体を認めることです。

「いい時計ですね。その時計を選ぶなんてセンスありますね」「100点取ったんだ。頑張ってたもんね」と、「モノ」ではなく「行動」をほめるイメージです。

Having より Doing のほうが、自分のことをより相手にわかってもらえた気がしてうれしいですよね。


▶「Being」は相手の存在そのものを認めることです。「そこにいるだけで素晴らしい」という無条件の承認です。

先ほどの例で言うと、大切なのは、「おもちゃをほしい状態の子どもを認める」ということ。「今、おもちゃがほしいんだね」と、子どもの気持ちに対して一度OKを出すことです。そのあと「今日は買わない」のか「じゃあ、買ってあげる」のかは、その場に応じた判断で構いません。


いい・悪いのジャッジの前に「そうなんだね」と受け止める

大切なのは「子どものあるがままを一度、受け止める」ことです。

生活の中のコンマ何秒でもいいので、まずは「子どもがそこにいる」「子どもがリビングでゴロゴロ転がっている」「子どもが勉強している」といった状況ひとつひとつを「ああ、そうなんだね」とそのまま受け入れる瞬間を持ってほしいのです。いい・悪いというジャッジはそのあとです。

頭がよくなる3原則プラス1①認める◆頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て【連載】(4) 画像(6/4) 大切なのは「子どものあるがままを一度、受け止める」ことです

一度「そうなんだね」という瞬間を持つことで、子どもは「ここにいていいんだ」「こう思ってもいいんだ」「生きていていいんだ」という安心感を得ます。その安心感が、「自分なりに感じ、考え、動いていい」という自己肯定感につながり、自分軸が育っていきます。


頭がよくなる3原則プラス1①認める◆頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て【連載】(4) 画像(10/4) 中学受験の現場での経験、ひとりの父親としての経験から「親は子どものことをもっと信じていい」と小川先生

【著=小川 大介】