【実録・袋分け女】増える感覚で脳が喜ぶ♪ ポジティブなあかりさんの場合

#くらし 

お金の分け方や考え方、使うアイテムにも個性がにじむ袋分け。それぞれの暮らしの中から編み出された、オリジナリティあふれる賢人のアイディアを紹介します。

ポジティブ袋分け女のあかりさん


【あかりさん】

[仕事] 兼業主婦

[年齢] 34歳

[家族] 夫、長女(6歳)、次女(3歳)

1年の始まりに必ず家計簿を買い、一度もつけずに年が過ぎ、白紙の家計簿が積み上がっていた数年前。夫の転勤先で時間ができ、袋分けを試してみたところ、貯金の楽しさに開眼。インスタグラム@chokin.jp

あかりさんちの1カ月の家計内訳


【収入】

夫の収入(手取り) 35万円

妻の収入(手取り) 5万円

ボーナス(手取り) 50万円×2回

1カ月の収入合計 : 40万円

【支出】

● 固定費

家賃 7万2000円

水道・光熱費 1万5000円

(冬は2万円)

通信費 1万円

教育費 4万5000円(お稽古代込み)

車の維持費 2万円

貯蓄(学資保険) 3万円

貯蓄 10万円

支出

● やりくり費

食費 5万円(※)

医療費 1万円(※)

ガソリン費 1万円(※)

夫の小遣い 3万円(※)

ペット費 5000~1万円(※)

(※)がついているものが袋分けしているもの

【写真を見る】1日2000円ずつお財布に追加する〝増える袋分け〟を実践


お金が貯まる楽しさを脳に覚えさせる作戦


「以前はショッピングモールでよく散財していた」というあかりさん。SNSで目にした袋分けなら、私にもできるかも、と始めてみることに。「初めは毎週月曜日に1週間分のお金を入れていたのですが、土日にお金が残らず、しっくりこなくて。そこで思いついたのが、毎日2000円ずつお財布に入れていく追加システム。週予算の1万4000円を袋に分けておくと、お財布への入れ忘れもすぐ確認できます」

また、医療費、ガソリン費、ペット費は別の袋に各約1万円。「お財布に2000 円入れて、使わなければ翌日は4000 円! 毎日お小遣いをもらっている気分になります」

.


▲袋からお財布へ毎日2000円追加。ノーマネーデーがあると、お金が増える感覚に。「改めてお給料を入れてくれる夫への感

謝も増えました」

この合わせ技がスゴイ!


【やりくりに疲れたら夫に財布を預けて頭をリセット】

.


週末はこのお金で好きなことをして、とお財布を丸ごと夫に預ける日も。「海やゲームセンターに行ったり、私も〝これ買って〟とおねだりしたり。楽しい使い方ができます」

【オイルヒーターから灯油へ、光熱費を一から見直し】

.


オイルヒーター時代は電気代だけで4万円を超えたことも。そこで灯油ストーブに替え、電気の料金プランも見直し。お風呂は追いだきを控え、光熱費の大幅削減に成功。

なるほど、毎日2000円ずつお財布に入れていく〝増える袋分け〟なら、増える感覚で脳も喜びますね。きょうのやりくりがあすの〝増えた感〟につながれば、袋分けも楽しく続けられそうです。

取材・文=田中理恵

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //