梨花さんもInstagramで大絶賛の子育て本「頭のいい子の親がやっている『見守る』子育て」の著者、小川大介先生が、悩める親たちにアドバイス。「うちの子のこんなところが心配」「私の接し方、コレでいいの?」など、子育てに関するありとあらゆる悩みにお答えします。連載第4回目のお悩みはこちら。

忙しくてイライラ。子どもと向き合う時間がとれません【小川大介先生の子育てよろず相談室】 画像(1/1)  

【お悩み】

小4の娘と保育園に通う5歳児の娘の母です。長女の出産を機に仕事は辞めていたのですが、昨年から復職。フルタイムで働いています。職場から保育園へ直行し、家に戻ると即夕食の準備。子どもたちをお風呂に入れ、洗濯や掃除などの家事をこなしていると、気づけば子どもたちの寝る時間になっているという有様です。もっと子どもたちの話を聞いてあげたいし、長女は中学受験を考えているため、塾の宿題もみてあげたいと思っているのですが、まったく手が回らず…。子どもたちとゆっくり向き合う時間がとれません。それどころか、忙しくてイライラしてしまい、些細なことでキツク怒ってしまうことも。このままではマズイと思いつつ、日々に忙殺されてどうすることもできません。(Yさん・39歳)


 

【小川先生の回答】

■自分の生活の棚卸をしてみよう

あれもこれもとがんばり過ぎて、余裕を失くしているようですね。子どもに対するイライラは、大人の自分がアップアップになっているシグナル。「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と思いつつ完璧にはできてない自分と、子どもの「あれができない、これもできない」問題が重なって見え、イライラしてしまうのです。それぐらい相談者さんは今がんばっている。でもこのままだと、どうしたって子どもはしんどくなっていきます。

余裕を取り戻すためにも、まずは自分の生活と心の整理をしてみましょう。「ごはんは毎日ちゃんと作らなきゃいけないのか?」「掃除は週末まとめてでもいいのでは?」など、毎日詰め込んでいるタスクが本当に必要かどうかを見直し、棚卸作業をしていくのです。「買ってきた総菜では手抜きママと思われるかもしれない」とか、そんなことはどうでもいい。整理の結果生まれる子どもとじゃれ合う時間のほうが、よっぽど大切なはずです。そうやって棚卸していくと、実は必要なことって案外少ないものですよ。


■3時間の空白時間でセルフメンテ

がんばり屋さんタイプの方は、おそらく自分のための時間なんて取れていないでしょう。でも、これも余裕のない親になってしまう大きな要因です。週1回でいいので、強制的にまとまった自由時間をとりましょう。30分や1時間ではダメ。何しようか考えているだけで終わってしまいます。何が何でも3時間は確保すること。3時間あれば、ある程度納得感のある取り組みができます。カフェに行くのでもいいし、家にこもるのでもいい。その空白時間にやりたいと欲することは、自分にとって本当に大事なことです。自分のペースが取り戻せたり、リフレッシュして元気になったりなど、自分自身を整えてくれます。子どもが一番欲しいのは、ママやパパの笑顔ですからね。



回答者Profile

小川大介

教育専門家。中学受験情報局『かしこい塾の使い方』(https://www.e-juken.jp)主任相談員。

京都大学法学部卒業後、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を創設。教科指導スキルに、子育てコーチング、学習タイプ別の指導術を組み合わせ、短期間の成績向上ノウハウを確立する。個別面談の実施数は6000回を数え、受験学習はもとより、幼児低学年からの能力育成や親子関係の築き方指導に定評がある。各メディアでも活躍。著書多数。