夫との関係、義実家との付き合い、仕事やキャリア、ママ友などの人間関係……。毎日がんばって生きていると、悩みは尽きませんよね。そんなお悩みに、専門家がアドバイス。

今回はご主人の金遣いに困っている「りんこ」さんのお悩みです。

飲み会は全部おごりで月20万! 主人の金銭感覚ひどく、今後が不安です【お悩み相談】 画像(1/1)  

◆相談者プロフィール

りんこ(38歳女性)

結婚1年目の共働きの夫婦です。子どもはいません。


お悩み相談

結婚相談所で出会ってトントン拍子で結婚しました。結婚1年目で子どもはいません。どちらかといえば主人(39歳)のほうからのアプローチが激しく、結婚願望が強かったです。

私は結婚前からのパート勤務を継続していて、主人は自営業のようなものをしています。同世代の方に比べれば夫婦共に年収はいいほうだと思います。年収をお互いに明かし、借金もなく、特に不安に感じることもないまま結婚しましたが、結婚後に主人の金遣いが荒いことが分かりました。


ギャンブルなどはしないのですが、部下を何人も引き連れて毎週飲み会に行きます。そして、すべて主人のおごりです。一度の飲み会に5万程、月に20万以上飲み代に消えます。生活費や家賃などを私と折半してやっと赤字にならない程度で、貯金がまったくできません。

結婚後すぐに子どもが欲しいと主人の強い希望がありますが、こんな経済状況で子どもをつくれるわけもなく、私自身勤務形態はパートなので育児休暇が取れません。また、私も主人も高齢出産になります。自然妊娠ができるかどうかも分からない状況なのに、お金を節約するでもなく能天気に希望ばかり言う主人にうんざりです。


月々の希望貯金額と飲み代を減らせないか話し合っても、十分な生活費は出しているんだから主婦ならその中でやりくりするのが普通だと言われ、飲み会は必要経費で自分にはまったく非がないと言われました。お金について話し合う中で、主人の部下に対する見栄やお金に対して楽観的に考えているところ、共働きなのにやりくり自体は女の仕事というような亭主関白さが見えてきました。


私は独身の頃に比べて欲しいものを我慢したり、お弁当を作ったりして工夫しています。明らかに独身の頃より節約している生活なのに、先日主人が酒に酔ってふざけて部下のiPhoneを壊しました。そして、その修理代を出せないから私に出してほしいと言い出しました。呆れて言葉も出ません。

これを機にお金の使い方を夫婦で話し合いたいと思いましたが、何か言うと拗ねるか怒るかなので、うまく話せる自信がなく困っています。



具体的なデータを示し、現実的な危機感を持たせましょう

子どもが欲しいと希望しておきながら、やりくりを丸投げされるのは困りますね。ご主人様は収入が平均以上ということですので、なんとなく「これだけ渡しているのだから大丈夫」と思い込み、それ以上深く考えていらっしゃらないのかもしれません(飲み会の費用を必要経費に分類するなら、本来その分は収入から除外して考えなければなりません)。


ご主人様の感覚的な基準を改めてもらうために、客観的で具体的な根拠を用意してみましょう。収入に対する生活費の各項目は一般的にどれくらいの割合なのかや、子どもが生まれたらどれくらい費用がかかるかなどは、ネットや書籍などで分かりやすいデータが紹介されています。具体的な数字を元に話し合いをすることで、将来設計に対して現実的な危機感を持ってもらえれば、ご主人様も真剣に向き合う気になるはずです。


子育てが始まれば、今以上に夫婦で協力し合わねばなりません。今からしっかり話し合える体制を整え、家庭に対して十分な当事者意識を持たせましょう。


◆回答者プロフィール

ノラ

家計総合アドバイザー。ライフプランの作成から日々の節約のコツまで、これまで300件以上の家計に関する相談を解決。FP2級、住宅ローンアドバイザー資格有。