うちの娘、今でこそショートにしましたが、去年まではお尻くらいまで髪を伸ばしていました。

娘の髪の毛は細くてやわらかな、俗にいう「猫っ毛」。


いくらトリートメントを念入りにしても、朝起きると結局モジャモジャの「鳥の巣」状態になっていて、とかすのが本当に大変。娘も痛がって、髪の毛をとかすのを嫌がるようになってしまいました。


そんな時、噂を聞きつけて購入したのが、話題になっていたイギリス製の「タングルティーザー」というヘアブラシだったのですが、そのブラシと激似な商品をキャンドゥで発見!


鳥の巣あたまがサラサラに♪【キャンドゥ】の「長さの異なる2段ブラシ」 画像(1/5) キャンドウで購入

・「長さの異なる2段ブラシ」100円/1個(税抜き)


鳥の巣あたまがサラサラに♪【キャンドゥ】の「長さの異なる2段ブラシ」 画像(3/5) 【画像】キャンドゥのヘアブラシの方が大きめです

わが家が以前購入していたイギリス製ヘアブラシと並べてみると、キャンドゥの「長さの異なる2段ブラシ」の方が大きく、持ちやすいフォルムでになっています。さらに、裏返してみると本当にそっくり!

鳥の巣あたまがサラサラに♪【キャンドゥ】の「長さの異なる2段ブラシ」 画像(6/5) 裏返すとそっくりではないですか!

ブラシ部分を拡大して比較しても、同じつくりなことがわかります。写真上がキャンドゥの「長さの異なる2段ブラシ」で、写真下がイギリス製ヘアブラシです。

鳥の巣あたまがサラサラに♪【キャンドゥ】の「長さの異なる2段ブラシ」 画像(10/5) 長さの異なる2段ブラシになっています
鳥の巣あたまがサラサラに♪【キャンドゥ】の「長さの異なる2段ブラシ」 画像(15/5) イギリス製ヘアブラシも同じ構造

長いピンと短いピンが交互に並んでいるのですが、そのおかげで絡まった髪の毛にも負担なく、とかすことができるんです。

普通のブラシなら、絶対に櫛が通らないような絡まりに絡まった鳥の巣頭も、このブラシなら大丈夫。子どももそれほど痛がらず、髪をとかすことができるので超おすすめです。


ちなみに、イギリス製ヘアブラシ「タングルティーザー」は、公式サイトを見るとお値段約2,000円。

わが家ではあまりに必需品だったので2個買っていましたが、この【キャンドゥ】の「長さの異なる2段ブラシ」を、もっと早く見つけていれば…(涙)。


とにかく、髪が絡まりやすいという子どもには最適のブラシ。2,000円のヘアブラシと同じクオリティを感じることができました。


やわらかな子どもの髪はもちろん、大人の方でも髪の毛がからまりやすいという方は、ぜひ使ってみてくださいね。


文=たぐとも