仕事・学業・妊活…で…介護!?「子育てとばして介護かよ」(1)

#くらし 

育児未経験者による“いきなり介護”の日々は、他人事ではない!―酒井順子(エッセイスト)

仕事はやめない、同居もしない。 今の暮らしを変えずに親の介護は可能…!?

31歳で結婚し、仕事に邁進する日々。33歳で出産する人生設計を立てていたものの、気づけば30代後半!

いろいろ決断し時――と思った矢先、なんと義父母の認知症が立て続けに発覚……!

話題の書籍「子育てとばして介護かよ」より連載5回連載でお送りします。今回は1回目です。

久しぶりに会った親が「老いてきたなぁ」と感じた人は必読。いまの生活に「介護」を組み込むことに成功した著者の、笑いと涙の「同居しない」介護エッセイ


====

仕事はやめない、同居もしない。 今の暮らしを変えずに親の介護は可能!?「子育てとばして介護かよ」


 


 


 


 


 


 


 


著=島影真奈美

マンガ・イラスト=川

この記事に共感したら

Information

『子育てとばして介護かよ』▶連載話一覧

Kindle版はこちら『子育てとばして介護かよ 』

『子育てとばして介護かよ』Kindle版▼

●島影 真奈美/国内で唯一「老年学研究科」がある桜美林大学大学院に社会人入学した矢先に、夫の両親の認知症が立て続けに発覚する。まさかのダブル認知症におののきながらも、「介護のキーパーソン」として別居介護に参戦。現在も仕事・研究・介護のトリプル生活を送る。実体験をもとに、新聞や雑誌、ウェブメディアなどで「もめない介護」「仕事と介護の両立」「介護の本音・建前」「介護とお金」などをテーマに広く執筆を行う。特技は失せもの探し、親を説得せずに“その気”にさせること。

●川/東京都生まれ。東京藝術大学卒。結婚と長男の出産を機に夫の実家・鳥取県で子育てをスタートさせる。近所の店までは車で40分かかる田舎暮らしを始めて10年。鳥取の美味しい食べ物と近所の温泉街、そして子どもたちの笑顔にかこまれた日々を綴ったコミックエッセイ「こんげでカーチャン!」(KADOKAWA)が人気

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //