「なんだか最近メイクがきまらない」「若い頃より目が小さく、目力が弱くなった」

そんな悩みを抱えるアラフォー女性がするべきケアを、パーソナルメイクアドバイザーの福井美余さんが伝授する『身につけるべきは、“年相応”の美しさ 年齢を重ねても綺麗でいられる永遠モノのメイクテクニック』。

現在と5年先の見た目に確実に差がつくメイク&ケアを徹底紹介します。今回は連載第8回目です。


まつ毛は太くするよりも、上げる! 「老けないメイク」(8) 画像(5/5) 「いつまでも美しくありたい」を叶えるテクが満載の『身につけるべきは、“年相応”の美しさ 年齢を重ねても綺麗でいられる永遠モノのメイクテクニック』

☆★☆★☆★

まつ毛は太くするよりも、上げる! 「老けないメイク」(8) 画像(6/5) まつ毛が上がっていないと始まりません

アイメイクでいちばん大切なのはまつ毛を極限まで上げること

目力に大切なのは、〝瞳のキラキラ感〞とお伝えしましたが、まつ毛が上がっていないと始まりません。だから、アイメイクをしないときでもビューラーだけは使ってください。


【ビューラーで5秒キープすると綺麗にカールする】

ビューラーを使うときは脇を締め、ひじを固定しましょう。まつ毛が綺麗にそろって上がります。次に、まつ毛の根元をビューラーではさみ、5秒キープ。ギュッとはさんでパッと離すのではなく、時間をかけてじわっと上げます。根元が上がったら、まつ毛の中間部分、毛先の順に、3回に分けてカールをつくっていきます。


それでも上がらないという方は、ビューラーのゴムを取り替えてみてください。使っていなくても、ゴムはすぐに劣化してしまいます。

弾力がなくなって、まつ毛が上がらないどころか、切れたり抜けたりする原因になります。

時間がたつとまつ毛が落ちてくるという方は、カールをキープするマスカラ下地を塗りましょう。私も、カールしにくい超直毛まつ毛ですが、よい下地に出会ってからは、一日中カールをキープできるようになりました。


【ビューラーは脇を締めて使う】

まつ毛は太くするよりも、上げる! 「老けないメイク」(8) 画像(8/5) 【画像を見る】脇を締め、ひじを固定してビューラーを使います

脇を締めてひじを固定し、まつ毛の根元をはさんで5秒キープ。真ん中を3秒、先を1秒キープして、しっかりカールをつける。


マスカラの2度塗りはまつ毛の根元だけ

「マスカラは、まつ毛を長く見せるロングラッシュタイプと、太く見せるボリュームタイプのどちらがいいですか」とよく聞かれますが、正直言って黒ならどっちでもいいです(笑)。

30代以降にとって、マスカラのいちばんの仕事は、上げたまつ毛をキープすることだからです。


大切なのは塗り方。

マスカラのブラシを出したら、容器の口で360度ぐるっとしごいて徹底的にマスカラを拭い落としてください。「足りないのでは」と感じるくらいで正解です。

これでマスカラの重さでまつ毛が下がるのを防ぎます。


【全体に2度塗りすると不自然になる】

一度まつ毛全体にまんべんなく塗ったら、重ね塗りして、まつ毛をさらにがっちり固めます。


ただし、2度目に塗るのは根元だけ。まつ毛全体に重ね塗りすると、一本一本がひじきのように太くなり、ハリのない目元には不自然に見えます。

「マスカラは2度塗りが鉄則」と思っている方も多いと思いますが、大人になったらもう忘れてください。


・カールなしの目元

まつ毛は太くするよりも、上げる! 「老けないメイク」(8) 画像(11/5) カールなしだとメリハリのない印象に

瞳にまつ毛の影ができ、目に光が入りにくい。目元がぼやけて、メリハリがない印象に。


・マスカラでカールをキープした目元

まつ毛は太くするよりも、上げる! 「老けないメイク」(8) 画像(15/5) カールキープでキラキラ感がアップ

瞳に光がたくさん入り、キラキラ感がアップ。目がくっきり見え、印象が強くなる。


著=福井美余