Amazonでも好評価の書籍「頭のいい子の親がやっている『見守る』子育て」の著者、小川大介先生が、悩める親たちにアドバイス。「うちの子のこんなところが心配」「私の接し方、コレでいいの?」など、子育てに関するありとあらゆる悩みにお答えします。連載第15回目のお悩みはこちら。

楽しく通っていた保育園を急に嫌がるように…【小川大介先生の子育てよろず相談室】 画像(1/1)  

【お悩み】

3歳の娘についての相談です。0歳児から保育園に通っているのですが、最近になって急に保育園に行くのを嫌がるようになりました。朝一緒に出かけるまでは問題ないのですが、保育園の入口まで来ると、ぐずり出します。なかなか部屋に入ろうとしないので、最後はいつも先生に抱っこされて入って行く始末。何か嫌なことがあるのか本人に聞いてみても、お友達や先生と特に問題があるわけではなさそうです。先生の話でも、教室の中に入ってしまえば、いつも通りに過ごしているそう。でも、入る時はとても嫌がって、なかなか私と離れようとしないので、とても心配です。ここ2週間くらい毎朝そのような状態で、後ろ髪をひかれる思いで出社しています。(Aさん・38歳)


【小川先生の回答】

■ためらうのは成長した証

以前は問題なく通えていた保育園を、急に嫌がるようになる。これは実によくあるケースです。ほとんどのお子さんが通る道といっても過言ではありません。では、なぜそのようなことが起こるかというと、それはお子さんが成長したからです。脳の発達には、3歳と5歳くらいにジャンプ期があり、3歳児で周りが見え始めると言われています。今までは自分しか見えていなかったのが、他のお友達がいたり、先生がいたりなど、“他”を意識しはじめるようになるのです。そのため、教室に入るということは、“ママとバイバイしなきゃいけない”とか、“他の子たちと一緒に過ごさなきゃいけない”など、自分のテリトリーから離れることを意味します。そこで一瞬ストレスを感じてしまい、ためらいが生じるのです。今までは、それを意識せずにいたから、何も考えずに入って行けていただけ。ためらうのは、自分以外に人がいることをわかり始めたという成長の証です。教室に入れば、気持ちも切り替わって過ごせているようなので、何の心配もいりません。


■“後退”ではなく“成長”と捉える

ちなみに、脳の発達のもうひとつの節目である5歳辺りになると、“人は自分とは違う考えを持っているようだ”とわかり始めます。だから人目が怖くなるのです。それまで人前で発表できていた子が、5歳位になると急に嫌がったり、もじもじしたり、緊張したりするようになるのは、そのためです。 “急にできなくなった”とか、“こんな子じゃなかったはずなのに”など、まるで後退したかのように捉える親御さんが多いですが、そうではありません。精神的に成熟したからこそ、周りを意識してしまい、気後れしているのです。

3歳で保育園に行くのを嫌がるようになるのも、5歳で引っ込み思案になるのも、“できなくなった”のではなく、“成長した”からこそ。「お姉ちゃんになってきたんだね」「いろいろ感じることもあるよね」と肯定的に声かけしてあげましょう。


回答者Profile

小川大介

教育専門家。中学受験情報局『かしこい塾の使い方』(https://www.e-juken.jp)主任相談員。

京都大学法学部卒業後、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を創設。教科指導スキルに、子育てコーチング、学習タイプ別の指導術を組み合わせ、短期間の成績向上ノウハウを確立する。個別面談の実施数は6000回を数え、受験学習はもとより、幼児低学年からの能力育成や親子関係の築き方指導に定評がある。各メディアでも活躍。著書多数。