2020年の「牡羊座」「牡牛座」「双子座」の運勢と幸運をつかむ3つのキーワードは!?立木冬麗の「星よ、叱って。励まして。」SPECIAL

#くらし 
立木冬麗の「星よ、叱って。励まして。」SPECIAL


「レタスクラブ」で連載中の『星よ、叱って。励まして。』でおなじみの立木冬麗さんから、2020年に幸運をつかむためのスペシャルメッセージを皆さんへお届けします!

2020年の牡羊座(3月21日~4月20日)の運勢は?


気になる2020年の「牡羊座」の運勢は?


◆◆◆向上心がマイナスに働き空回りしがち◆◆◆


【全体運】2019年に比べると公私ともに波乱含みで、悩ましい一年となりそう。あなたはとても努力家で、負けず嫌いのファイターですが、そのエネルギーが悪いほうへ向かってしまうこともあるでしょう。特に6月末から年末はせっかちになりやすく、勘違いからせっかくのチャンスを逃してしまったり、感情的な発言でもめ事を起こすおそれがあります。大吉星・木星は「仕事」の室を進行するため、仕事に多くの時間を費やすのはよいことです。ただし、凶星・土星の意地悪もあるので、「やる気さえあればうまくいく」というわけではありません。何事も用意周到に、周囲の人たちとうまくコミュニケーションを取ることができたら不運を避けられるはず。スポーツは生活を豊かにし、心の安定にも。

【人間関係&恋愛】家庭内は暗いムードになりやすく、親の介護問題などがクローズアップされるかもしれません。仕事をしている人は上司に苦労させられたりして、ストレスフルな状況に陥ってしまいそう。つい夫に愚痴りたくなる気持ちは分かりますが、多少のことはあなた自身で解決するようにしてください。SNSを通じたネットワークは広がっていき、すばらしい出会いが期待できます。ママ友とのつきあいも楽しく、いいたいことをいい合える貴重な存在に。独身であれば、遠距離恋愛にツキあり。2月から3月に親密になった相手が有望株。

【美容&健康】5月中旬から6月下旬は疲れがたまりやすく、持病の悪化などが心配されます。6月末から年末は、炎症性のトラブルに用心してください。

【仕事&マネー】仕事に関してはステップアップできる星回りですが、2月から3月は思いがけないことが起こりがちです。会社の合併などで、環境が大きく変わってしまうかもしれません。金銭面はぱっとしない一年となる中、3月だけはちょっとしたぜいたくができるでしょう。

【幸運の在りか】春先から夏は家族レジャーに最適です。東南の方角を目指すと満足できるでしょう。

2020年の牡牛座(4月21日~5月21日)の運勢は?


気になる2020年の「牡牛座」の運勢は?


◆◆◆比較的安定していますが仕事は変化しきり◆◆◆


【全体運】2019年の暮れから安定期に入っているので、好きなことに打ち込める一年となります。春から夏はマネー運が上昇するため、活動資金に恵まれることもやる気アップにつながるでしょう。旅行や引っ越しなどの移動にツキがあり、8月から10月は海外でバカンスを過ごすことができそう。仕事をしている人は、予想外の事態に慌てる場面があるかもしれません。4月生まれであれば自立願望が強まることから、「現状を打破したい!」「違う世界に生きてみたい!」という欲求に突き動かされる場合も。

【人間関係&恋愛】誰とでも分け隔てなく、バランスの取れた穏やかなつきあいができます。相手への好意、感謝の気持ちは、ことばプラス〝形〞で表わすようにしてください。ちょっとした手土産を渡したり、食事をごちそうすることで、関係はさらによくなっていくでしょう。3月はいつになくハートが温かくなるため、愛する人のために尽力することがあるかもしれませんし、苦手な人ともうまくやっていけそう。独身であれば、理想的な恋人候補登場!に期待したいもの。

【美容&健康】春先は、血圧のトラブルが心配されます。また、6月末から年末は長期にわたって低迷するため、早めの対策が必要です。規則正しい生活を心がけるのはもちろんのこと、自分に合ったサプリメントを見つけておくのも効果的でしょう。肉体労働に携わっていたら、足腰をいたわるようにしてください。

【仕事&マネー】仕事に関しては、4月に大転換期が訪れます。約30年に一度のことなので、何が起こっても不思議ではありません。ちょうどマネー運が上向く時期と重なるため、早期退職を決意するのも選択肢の一つでしょう。趣味のアクセサリー作りなどが発展して、実益を兼ねるようになることもありそう。売却したいものには高値がつき、購入したいものはお得にゲットできるはず。

【幸運の在りか】財テクの勉強をすることはラッキーです。夏までに株などを手に入れておくとよいかも。

2020年の双子座(5月22日~6月21日)の運勢は?


気になる2020年の「双子座」の運勢は?


◆◆◆ヒロインの座を射止めモテ期到来!◆◆◆


【全体運】全体的に混迷する星座が多い中、あなたは特別な幸運に恵まれます。4月5日から8月8日の約4カ月間、幸せの象徴ともいえる金星の影響下に入るため、公私ともにおめでたい出来事がありそう。仕事での大躍進をはじめ、結婚や出産などのターニングポイントを迎える人もいるでしょう。美意識が目覚める時期でもあり、本格的なエイジングケアに取り組んでみるのはよいこと。旅行も美しいロケーションを求めて出かけたいものですが、4月は路上でのトラブルに要注意!

【人間関係&恋愛】上半期は〝恋愛至上主義〞でいきましょう。珍しいくらいのモテ期となるので、本命選びに迷ってしまうこともありそう。結婚前提のつきあいであれば、経済面にフォーカスしてみるとよいかもしれません。既婚者にも恋のチャンスがあり、夫以外の男性にふらっとしてしまうことも。同じ双子座とは強く引かれ合い、いったん親しくなると離れることが困難に。下半期はスポーツを介したつきあいが活発化し、牡羊座や蠍座との絆は深まるばかり。友達に不幸なことがあっても、お金の貸し借りはタブー。

【美容&健康】上半期は「もっときれいになりたい!」という気持ちが湧いてくるため、自分に合う美容法をキャッチすることができます。運命のコスメに出会えるかもしれませんし、歯のホワイトニングなどに挑戦してみると満足できるでしょう。5月初旬から10月初旬は体力の消耗が激しく、自律神経のバランスも崩れがち。

【仕事&マネー】人気運のサポートもあり、仕事は順調にはかどります。求職中であれば、〝美〞にちなんだジャンルに注目してください。一年を通じて夫のマネー運が不安定になりやすく、2月から3月は影響をもろに受けてしまいそう。そのタイミングに大きな出費を計画しておくと、むだな流出を防ぐことができるかもしれません。

【幸運の在りか】おしゃれに関心を持ち、常に「他人からどう映るか」を意識して過ごすようにしましょう。

  


2020年運勢の流れ ーすべての星座のみなさんへー


◇一年を通じてすっきりしない空模様ですが「やってやるわよ!」という意気込みで ◇

 ここ数年どんよりとしたムードが続き、今度こそ「希望に満ちた一年」とお伝えしたいところですが、天空の惑星配置はシビアです。最強のラッキースターである木星と、凶星に分類される土星が同時進行するという、実に不思議な現象が起こるため、一年を通じてどこかすっきりしない、混とんとした空模様となります。12年に一度の大幸運に恵まれるはずの山羊座でさえ「最高の年ですよ」といえない星回りなので、どの星座であってもすべてが3割減となる覚悟を持ってください。周りを見渡せばみんな似たり寄ったり、そんな状況に甘んじてしまったら先の展望はありません。カットされた3割を埋めるべく奮起できる人だけが、幸運をつかむことができるでしょう。

 次に注目しておきたいのは金星の動きです。4月から8月上旬の長期にわたって双子座を進行しますが、これは通信業界の目覚ましい発展を意味します。5G時代となり、想像をはるかに超える新型スマートフォンなどが登場するでしょう。SNSはより多様化し、ネットワーク上での「つながる」が主流になってきそう。夏に開催される東京五輪は大成功、なかでも10代の新鋭にメダルラッシュとなるかも。双子座もしくは水瓶座の選手に期待して。

 6月末から年末は、火星のエネルギーに注意が必要です。噴火や山火事、交通事故が多発するかもしれませんし、脳や心臓のトラブルにも気をつけてください。世界的には軍事テロが激化し、一触即発の事態へと突入するおそれもあるでしょう。筋肉の引き締まったアスリート体形がもてはやされ、体を鍛えようとトレーニングジムなどに通い始める人が急増しそう。

 医療・不動産・金融・土木建築・農業関連の分野は活気づき、年季の入ったベテランがさすがの功績を成し遂げるかもしれません。ファッションは通気性にすぐれた軽めの素材が人気となり、2通りの着こなしが楽しめるリバーシブルデザイン、またツートーンカラーが流行しそう。一年を通じて自然災害の脅威は続くので、地震などへの対策はしっかり講じておいてください。

  


2 0 2 0 年、幸運をつかむ3 つのキーワード


◎年長者を敬い交流を密に

人生経験を積んだシニア層から学ぶことは多く、元気と勇気を与えてくれます。ボランティア活動などを通じて積極的に話を聞いたり、往年のスターを応援することもよい刺激になるでしょう。

◎経済に詳しくなり賢い運用を

財テクに関心を持ち、SRI (社会的責任投資)などを試してみるとお小遣い稼ぎになるかもしれません。また、経理や簿記などの資格を取り、仕事に生かすことができたら収入にも直結するでしょう。

◎3割減に備えて3割増のがんばりを

いちばん顕著に、分かりやすい形で表われるのは家計かもしれません。給与削減を見据えて勤務日数を増やしたり、こまめに節約するなどの工夫が必要です。逆境に立ち向かう気力と体力が求められます。

イラスト/亀井英里 編集協力/岩佐つくみ デザイン/monostore

この記事に共感したら

Information

星のメッセンジャー 立木冬麗
たちき・とうれい●星占いの祖、故・錢天牛(せん・てんぎゅう)氏に師事。フランス占星術・ソーラーシステムを基礎より学び、現在に至る。「星が発するメッセージを一人でも多くの人たちに伝えること。そして、人々の心にリラクセーションと生きる力、プラスイオンをいっぱいに与えることが使命」と考える。あえて「星占い師」という名を捨て、「星のメッセンジャー」と名乗るゆえんである。ファンクラブサイト「Golden Star Gate 立木冬麗」にて会員募集中。
オフィシャルウェブサイトも随時更新中。


雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’19 12月増刊号【サコッシュ付録つき版】』情報はこちらから▼
●料理● 料理は洗いものがイヤ!なんです
●収納● 突っ張り棒大研究!
●占い● 星よ、叱って。励まして。2020年スペシャル…ほか
●大人気連載!●
 ∟ 大人気2・5次元俳優・黒羽麻璃央さんの「もっとそばにおいでよ」
 ∟ NEWSは全員勢ぞろいスペシャル、LETTUCE MEETSは中村倫也さん
▼付録なし版(499円)も!▼


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //