モデルハウスの見学でその気に。戸建購入したいけどローン返済が不安【お悩み相談】

#くらし 

夫との関係、義実家との付き合い、仕事やキャリア、ママ友などの人間関係……。毎日がんばって生きていると、悩みは尽きませんよね。そんなお悩みに、専門家がアドバイス。

今回は戸建てが欲しいけれど不安だという「ふらっしゅ」さんのお悩みです。

 


◆相談者プロフィール

ふらっしゅ(35歳女性)

ドラッグストアでパートをしています。アイランドキッチンがある家で料理教室を開くのが夢です。

お悩み相談


夫と小1の長男、4歳の次男の4人家族で賃貸マンションに住んでいます。

先日、夫がモデルハウスのイベントのチラシを持ってきたので、家族で見学に行きました。そこで営業の方から「金利の安い今のタイミングなら、家賃と同等の返済額で戸建てを購入できますよ」と言われました。

私もいつかはマイホームを購入したいと思ってはいましたが、それまではまったく現実味がなく、夢のまた夢という気持ちでした。

ですが、夫はとても乗り気になってしまい、すぐにでも契約をしたいと思っているようです。たしかに、家賃はどれだけ払っても得るものがないし、今のマンションも手狭になってきているので、同じくらいの負担でマイホームが手に入るのは魅力的だと思います。

今考えているのは3000万円ほどの物件なので、家賃と同じ毎月6万円の返済だと、40年のローンを組むことになると思います。

営業の方は、「今は長めにローンを組んで、繰り上げ返済を使って早めに返済していく方が多いです」と言っていましたが、正直、繰り上げ返済ができるようなお金の余裕はできないと思っています。

夫は現在32歳なので、ローンを40年で組むと72歳までかかることになり、定年を過ぎても返済が続く計算になるのも不安の種です。

現在は夫の手取りが約20万円、私がパートタイムで働いた給料が約4万円の計24万円ほどでやりくりをしています。

そこから家賃の6万円、食費の8万円、水光熱費の3万円、通信費の1万円などを引いていくと、毎月ぎりぎりになってしまいます。

夫の給料は比較的安定しているものの、今後も大きな昇給は期待できないと思います。しかし、子どもたちが大きくなるにつれ、出費は増えていくと思うので、ゆくゆくは赤字が続いてしまうのではないかと不安を感じている状況です。

こんな、決して余裕があるとは言えない経済状況で、本当に住宅ローンを組んでも大丈夫なのか、ちゃんと返済していけるのか教えてください。

住宅購入は、具体的な購入・返済計画を立ててから


戸建てのマイホームは、今でも多くの方にとってのあこがれのひとつ。実際に展示場で見学して、手が届くかもと考えはじめると、テンションも上がってしまいますよね。

しかし、住宅ローンは一度組めば、何十年もの間ひと月も滞らせることなく返済を続けなければなりません。ローン返済以外にも固定資産税や火災保険、修繕費などのコストがかかる持ち家の住宅費は、無計画に組み入れると家計にとって大きな脅威になってしまいます。

ですので、なんとなくで決めたり営業さんの言うことを鵜呑みにするのではなく、まずは具体的な知識や計算に基づいた購入・返済計画を立ててみましょう。

実際、予想される家計の収支と検討している物件にかかる諸費用を計算したくらいでも、今と同じ感覚ではとても支払っていけないのが割とはっきりと分かるはずです。

ただ、だからといって住宅の購入自体を諦めなければいけないというわけではありません。

余裕を持って支払っていける金額を計算してその範囲で物件を探したり、頭金を貯めてローン比率を減らすなど、具体的な金額が分かれば打てる手はいろいろとあります。

税金や金利などについて調べることは、慣れない方にとっては簡単なことではないかもしれませんが、あこがれのマイホーム購入をより良いものにするため必要なことです。

ぜひ、ご夫婦で協力しながらチャレンジしてみてください。

◆回答者プロフィール

ノラ

家計総合アドバイザー。ライフプランの作成から日々の節約のコツまで、これまで300件以上の家計に関する相談を解決。FP2級、住宅ローンアドバイザー資格有。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //